12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-31 (Fri)
ここのところブログの更新ができず・・・・心苦しいばかりです。

でも、やっと仕事が落ち着いてきて、
夏休みに入りつつあります。

というわけで、夏休み期間は、できれば毎日・・・せめて1日おき、がんばります。

**********************

先日、湯布院の街を歩いていたら。
たまたま「トリックアート迷宮館」を見つけて、入ってみました。
http://takadamodern.com/index.html

絵が飛び出しているように見えたり、
斜めの部屋があったり、体験型で面白く、

心理学でもよく出てくる「貴婦人と老婆」どちらにも見える絵もあったり。

何十点もの作品が問いかけてきます。

あなたの見ている世界は、本当?
って。


お気に入りは、青空に浮かぶ雲の絵。

ぐるぐる回るうずまきを15秒間見てから、
その雲の絵を見ると・・・・・・

・・・・・

・・・・・・

本当に雲がもくもく動いて見えるのです。


心の中の世界と、
自分が見ている世界。
まさにこんな関係だろうなって思います。


心の中がゆがんでいるときは、
世界もゆがんで見えるし、

愛情でいっぱいのときは、
世界も愛でいっぱいに見える。

批判的な心の状態のときは、
周りが自分を受け入れてくれていないように見える。
世間は戦うべき場所に見える。


自分をとりまく世界は、自分の心そのもの。

だから、できるだけクリアで
ニュートラルでいたいと思うのです。

でも。
人は必ず色眼鏡で世界を見ているといいます。

ならば。

やさしい色の眼鏡をかけたなら、

世界はきっとやさしくなるのです☆


家庭という世界も、とってもわかりやすいですね。

私がいらだっていれば、子どもたちは喧嘩ばかりするし、
私が穏やかであれば、子どもたちは安定しているし、
私がやさしければ、子どもたちもやさしいし。

夏休み・・・・・
絶好の機会!(苦笑)
あえていろんな眼鏡を試みてみましょうか!!









スポンサーサイト
| 日記 | COM(0) |
2009-07-26 (Sun)
24日は、ドンナマンマカフェにて親子セラピーでした。

2才から12才のお子さんまで幅広く参加して頂き、
大きな紙に、みんなでクレヨンデトックスをしたときは、

みんなそれぞれの年齢の大切な時期を精一杯過ごしていて、
この「今」の積み重ねが未来につながっていくのだと、

何かにがんばることも、
集中することも、
楽しみことも、
笑うことも、
泣くことも、
転ぶことも、
怒ることも、
なまけることも、

全部全部大切だよねと、

大きな紙を埋めていく、
一人一人の個性を見せてもらいながら、

感慨深く思いました。

次はもっと広い場所で、
もっと特大な紙でやってみたいな!!とも思いました。

子供の集中力も可能性もすごいから。


そして、ちえちゃんの読み聞かせ!
その時の子供たちの、いい顔といったら☆

何歳の子も、絵本は大好きなのですね。

ちえちゃんの読み聞かせはプロです。
子供たちを瞬時に絵本の世界に取り込みます。
でも、
どんなプロの読み聞かせよりも
ちえちゃんは「お母さんの声が一番なんですよ」と言います。


おうちに帰ってから、
絵本を読んであけてもいいし、
お子さんたちが使った色の意味を紐解きながら、
話を聞いてあげてもいい。

心と心のつながりを
いつもとは別の角度から、
感じてもらえたら、嬉しいです。


参加してくださった皆様、ありがとうございました☆

また、次の長いお休みのときにでも、親子セラピー
是非やりたいと思います。















| これまで開催した講座&セラピー | COM(0) |
2009-07-23 (Thu)
皆さん、皆既日食見ましたか?

私は・・・・・

宇宙オタクの娘からさんざん話を聞かされ、
この機会を逃しては!!と強く思っていたのに・・・・。

思っていたのに・・・・

私の心の支配力は、
宇宙の神秘よりも、明後日のセラピーだったようです・・・。

原稿を書くときと
セラピーの内容を考える時の
私の集中力は、われながらすごいと思っています。

自分では30分ぐらいの感覚なのに、
ハッと時計を見ると、3時間経ってることとか・・・時折あるのです。

今回も自分の思考の中に入り込んでいて、
なんとなく暗いな?と思ってハッと思ったときには、

まさに今!!

時間的には間に合っているのですが、
日食グラスの代わりを何か用意しようと思っていたのが間に合わずに

結局あまりちゃんと見れず・・・・。(涙)

でも、

夏の教室で堪能してきた子供たちの話は、
その分新鮮で。

そして今日の私にこの上ないプレゼント!!


日食

東の方の海岸でカメラ3台駆使して
光と熱線と紫外線と意外にも素早い動きと戦いながら
11時?11時20分の間に撮影されたそうです!!

すごい???!!

ずーっと眺めていたら・・・・

光が笑ってる!!

さらにHAPPY!!

お福分けです☆




| 日記 | COM(0) |
2009-07-21 (Tue)
昨日は、とても素敵な方々のトークセッションに行ってきました。

ベストセラー「3秒でハッピーになる名言セラピー」の著者で、
天才コピーライター・ひすいこたろう氏。

『ボクは炭焼き職人になった』で
【新風舎出版賞ノンフィクション部門優秀賞】を受賞した
炭焼き職人・原伸介氏。

人柄もお話も優しくてあったかくて粋で・・・・。


感動的なほど

ひとつながりを感じさせて頂いた3時間半。


ひすい氏は、私も所属する
日本メンタルヘルス協会で心理学を学ばれた方☆

貴重なお話をたくさん頂き、
勉強させて頂きました。


原氏のお話の中で出てきた男女の人間関係は。
「怒りのコントロール法」や「夫婦喧嘩の対処法」のセラピーで
お伝えしている内容ととても共通点があり、

アメリカの心理学者が膨大なデータのもとに確立した考えと
森で生きる日本男児の考えが一致している点に
またまた感動を覚えたのでした!!

コーディネーターをされた結婚コンサルの白駒さんも
爽やかで信念をお持ちの素敵な方!!

そんな方々に魅了されながら、
ずうずうしくもベースに同じ何かを感じながら、

心を大きくリセットした
1日でした。











| 日記 | COM(0) |
2009-07-18 (Sat)
ここのところ、シンクロが多発しております。

自分の中で起こっている出来事と、
周りで起こっている出来事が、
とても似たパターンだったり。

一見全く違う出来事だけど、奥の奥、
というか、ベースが同じだったり。

特にここのところ
相談事のメールや電話も多く、

その内容もまた
不思議な接点がどこかにあったり。

出会う人は本当に鏡。
起きることも鏡。(何度も書いてますが)

正反対に見える相手でも、
一緒にしてほしくない!と思う相手でも。

我が家の鏡台は三面鏡なのですが、
サイドの鏡の角度をずらすと、5面になったり、
7面になったり。

そこに映る自分の角度はバラバラ。

でも奥の奥には、しっかりを私を見据えている私がいる。

そんな感じ。

だから、

相手を受け入れることが、自分を受け入れることであり、
自分を受け入れることが、相手を受け入れることであり。


そして、こんなふうにシンクロを強く感じるときは、
成長を促されているときだとも勝手に解釈しています。

神様に、早く「気づけ!」と言われるかのように
これでもかこれでもかと、シンクロが起きる。

ここにとどまり続けていいのかと。
もっと成長すべきだろうと。



そんな私の最近のキーワードは、

シンプルへの進化!

ごちゃごちゃした感情も
周りや相手への気遣いも
しがらみも
いい人になろうとする無理も
自我も
甘さも
言い訳も
依存心も
自信のなさも

一度全部キレイさっぱり洗い流して
(必要なものだけ、後でまたつけたっていいから)

最後に残ったシンプルな想いだけを大切に。


その部分だけで、
決めればいい。
進めばいい。
やりとりすればいい。

シンプルにストレートになることも伝えることも
実は少し
勇気が必要だけど。


相談の電話口でEさんが導き出した答え。

「私がどうしたいか、まず決めればいいんですよね。
決めてたつもりだったけど、実はどこかあいまいだった気がします」

会うたびに成長を感じさせてくれるEさん。


この文章を読んで、
ほんのカケラでもシンクロしてくれる人が、
共感してくれる人が、
いるでしょうか?

(いましたら、コメントでもメールでもください☆
miyukimatsui358@yahoo.co.jpまで)

シンプルな想いと
少しの勇気と
ぶれない軸。

今日の心リセット!です。













| 日記 | COM(0) |
2009-07-16 (Thu)
今日の夕方、

明日の遠出に備えてガソリンスタンドに立ち寄っていると、
そこから見える小学校が、
所々、黄金色にキラキラしている。
夕焼けの反射。

それが本当に幻想的で美しくて。

その後、
スーパーの駐車場で、
みんなが空を見上げて指差して、
嬉しそうな顔、顔、顔、顔。

見上げると
大きな虹。

しかも2本。

写メを撮っていると、
ちえちゃんからメール。

虹の写真とともに。

娘に電話すると、
「今、Yちゃんから電話があって教えてもらって、
ベランダで写真撮ってた!」

たぶん、いたるところでこんなやり取りがされている。

虹はすごい!

存在だけで、たくさんの人を喜ばせて、
大切な人同士で感動を共有する機会をくれて。


どんなに悩んでることがあっても、
苦しんでることがあっても、
頭から離れないことがあっても、

こんなふうに感動した瞬間は、
それが抜けている。

抜くことって、
実は難しくって。

でも一瞬でも抜くことが大切で。

だから、やっぱり自然の美はすごい!

夕刻のサプライズが、
今日の心リセットでした。











| 日記 | COM(2) |
2009-07-14 (Tue)
カウンセリングで時間をかけてお付き合いさせて頂くと、
何か大きな流れを感じることがあります。

1時間お話を伺って、
そのときは何も動かないのだけれど、

時間を置いて熟成する想いや考えがあったり、

回数を重ねてゆく過程で、
クライアントさんの周りでいろんな出来事が起こったり・・・・

それによって何かがいい方向に動いて行ったり・・・。

出会う人は鏡。

そして起きることも起こるべきくして起きるのだと
つくづく思うのです。

一見マイナスに見える出来事も、
その後、それによって助かることがでてきたり。

すごく悲しい出来事も、つらい出来事も、
後に、その体験が役立つことがあったり、
その人の深みとなったり。

だから、どんなことも
全て受け取ってしまえばいいのかもしれません。

と、言うはやすし!
それが、難しくって
人は苦しむのですよね。

その通りです。

でも、

大きな流れの中で
必要な出来事なのだと、

必ず意味があるのだと、

そんな視点でとらえてみると、
少しだけ気持ちが楽になる気がします。

すべてを「よか、よか」(いいよ、いいよ)
と流す強さを持ちたい・・・・
(まだまだですが)

自我の強さと苦しみの大きさが比例することがあります。
(全てのケースが当てはまるわけではありません!)

そんなときは3年前でしょうか。
僧侶の池田智鏡さんにお会いしたときに教えて頂いた言葉を思い出します。


「俺が俺がの我(が)を捨てて、
おかげおかげの下(げ)で生きる」




| 未分類 | COM(0) |
2009-07-09 (Thu)
夕刻いったん帰宅し、リビングの窓から外をボーっと眺めていると、
大好きな鳩たちが癒してくれます。

一度休憩中の鳩たちを数えてみたことがあるのですが、
60?70羽ぐらいいました。

ときおり窓辺にいるので、そっと近づいて観察するのですが、
記号のついた足輪をしているのです。

レース鳩でしょうか???

何十羽もがいっせいに、
渡り鳥たちのように美しく並びながら飛ぶ姿は、圧巻です。
勢いがあって、ゆうゆうとしていて、
見とれてしまいます。

しかし今日の風はパワーがあります。
ゴウゴウいってます。

それに向かって飛ぶ鳩たちはつらくないのだろうか・・・・
向かい風は人間も鳩もきついよね?と眺めておりました。

でも鳩たちは、(たぶんですが)
縄張りを確認するように、
飛ぶ練習をしているので
ぐるっと一回りするように飛ぶのです。

だから、

追い風のとき、今まであまり見たことのないような速さで
サーーーーーーーと、
横切ってゆく。

そうですね。

向かい風がきついなら、
向きを変えればいい。

向かい風に、歯をくいしばって、踏ん張って、負けないように向かっていくのも素晴らしいけど、

もういいじゃん。

私たちの年代なら、もうこれまで十分頑張ってきたはずだから。

これからは風に身をまかせるように、くるっと向きを変えてみたって。

そうしたら、風が応援してくれて
今までにないスピードが楽にでるかもしれない。

風がちゃんと行くべき場所に連れて行ってくれるかもしれない。



鳩たちは気持ちよさそうに飛び回って、
ちゃんと、自分の帰るべき住処に帰るようです。


| 日記 | COM(0) |
2009-07-07 (Tue)
少し落ち込んで帰宅すると、
PCに届けられていた、何とも素敵な薔薇の写真。

薔薇

某大手企業の広告などをはじめ、素敵な作品の数々を手掛けている
私の尊敬するディレクターさんから。

見ているだけで、心が癒されます。
撮影した方の優しい視点が感じられます。
どうして自然界の花は、こんなにも美しく魅力的なのでしょう・・・。

ふと思い出したこと。

その昔、花には全く興味がありませんでした。

花嫁修業として華道を習っている友人も多くいましたが、

「チューリップをいけるとき、茎を針でさすと、真っ直ぐピンと立つんだよ」
そんな話を聞けば聞くほど、
魅力を見いだすことができなかったのです。

そんな私が、花の美しさを知ったのは
高橋永順さんのアレンジメントと出会ってから。

永順さんは、当時(私がまだ20代前半の頃)
郷ひろみとゆりえ元夫妻の結婚式場の
フラワーアレンジメントを全てを手掛けるなどの実力の持ち主。

でも、開ききったチューリップをアレンジするなどの
型にはまらないスタイルは、
花の世界では異端児と言われていたようです。

でも、私は大好き。

永順さんは教室で言うそうです。

「花をいけるときはまとめようとして、短く小さく切るのじゃなく、
曲がっていても、不揃いでも、自然さをいかすように」

そして、花の一枝なり1輪をよく見ると、

「必ず、いちばん美しく、自然に見える方向があるのです。
それを見つけ出すことができたら、もう半分成功したのも同じこと」
?永順「花」ものがたり  文化出版より?

多くの友人に比べると、東京に飛び出して曲がった(変わった)生き方をしていた私は、
この言葉に、どんなに励まされたでしょう。

そう、どんなに曲がっていたって、
どんなにダメな部分が目についたって、
絶対に美しい角度が、自然な方向が、あるはずなのです。

誰にも必ず。

自分にも、子どもにも、
その人にとっての一番自然で美しい方向を見つけてあげればいい。

優しいピンクの薔薇が
心をリセットしてくれました。






| 日記 | COM(0) |
2009-07-06 (Mon)
7/3の「怒りのコントロール法」セラピーの
皆様からの感想を一部UPしますので、
ブログ上でシェアして頂ければと思います。

・心の洗濯ができました。
・気持ちをもっと楽に関わってゆきたい。同じ悩みを持つ方とお話できて良かったです。
・毎回セラピーを受けると、その後、心が軽くなり楽になります。なかなか日々の生活でいかし続けることが難しいですが、少しずつ変わっていけたらなと思います。

>ありがとうございます!
その通り、すぐにいかしていくのは誰でも難しいと思います。
少しずつ、少しずつ、ゆっくり・・・・行きましょう!

・怒りの奥の奥の本当の気持ちに気づくことができました。

>何名もの方がこのように書いてくださっていました。
とても嬉しいです。

・自分の失点→素直になれないこと!素直になってプラスの言葉のシャワーをかけてあげたい。

>こう書いてくださっている時点で、素直なご自分へ近づいていらっしゃると思います☆

他人にはできるのに家族にはできない。

>その通りです!家族が一番難しいですね。

・怒りの裏側について考える時間ができただけでも、とてもタメになりました。
・私の場合は怒るのが嫌で、それをため込んでしまって言わないでいたのが、
怒りにつながっていたように思います。ある意味、自分の思ったことをそのまま言葉にすることが
大切だということに気づかされた気がします


>すごい気付きですね。
その通りですね。ご自分の要望なども思いも、シンプルにサラッと伝えるとよいと思います。
ちゃんとそこを伝えていない方がとてもとても多いと思います。
(私もそうでした!)

・目を閉じると、自分の小さい頃が浮かんで、大草原に大の字になって寝ころがってニコニコしている様子でした。これが本来の自分なんだ!って思うと、時間にルーズな子供に、今度どうせっしていけばよいのか、少しだけわかったような気がします。


>素敵です。大きな大きな、気付きですね。

・人を変えようと思うより、自分の言葉かけや接し方を変えていこうと思いました。

>素晴らしいです!!本当に!!

・言葉の持つ力がすごくあることに気づかされました。
自分自身を見直す時間をとるようにしようと思います。


>ご自分への素敵な提案ですね!!

・もう怒りません・・・(笑)

>その決意、素敵です(笑)

・イライラいガミガミ言わず、こちらから手伝いっつ、
Iメッセージを伝えていけるようにしたいと思いました。楽しいワークでした!


>ありがとうございます!!

・また来ます!

>(涙)お待ちしています!!!


皆様、ありがとうございます。
これからしばらく時間が経つことで、見えてくる気づきもあるかもしれません。
その時はまた、メールでも、次回お会いするときにでも、
教えて頂けるととても嬉しいです。

そして、「初めはいいお母さんできたのですが、2.3日経つともとにもどってしまうんです」
という方が多いと思います。

大丈夫です!私もそうでした。
そういう時は、いいお母さんになろうとせず、
もとにもどってしまったという自分のマイナスなところも横に置いておいて、
まずは自分の足りているところをたくさん見てあげてくださいね。












| 未分類 | COM(0) |
2009-07-04 (Sat)
昨日は子育てメンタルセラピーの第2回。

たくさんの方々が参加してくださり、感謝感謝です。

今回は、機関銃のごとく早口だったらしく・・・・
時間も大幅に延長してしまいまして・・・

あれもこれも伝えたいという気持ちが
先走りすぎたようです。

そして、
せっかくいい事例や悩みを参加者の方から聞きながら、
時間の関係上、お答えできなかったものもいくつかあり、
申し訳なく思っております。

次回ちゃんとお話しさせていただきますね。

どっぷりと反省しているところ、

空手から帰った息子が、キラキラ赤い紙に包まれたキャンデーのようなものを
一粒もってきました。

スウェーデンのお菓子をもらったそうですが、
一口かじった息子が
「チョコとクッキーみたいな感じで、味はキャラメル!
お母さん、美味しいから半分あげる」
とほんの一粒のそのまた半分を差し出して、言うのです。

感動しました。

なぜなら、彼は美味しいものは一口でも、人にあげられない性格だからです。

上の娘は、大きい方をくれるし、ひとつしかなければ譲ることもできるのですが、
下の息子は、アイスを一口でもあげられないのです。

初孫で好きなものを好きなだけ与えられた娘と違い、
2人めだから、常に半分こで満たされてこなかったせいかなと、悲しく思っておりました。

そこをついて、「男の子がそんなにケチでどうするの!」と
まだまだ小さかった頃に怒ってしまったこともありました。

最近では、「逆に自分の一番欲しいものは絶対譲らないというハングリー精神(?)があるという
ことにしておこう。そこが役立つこともあるさ」と、
あきらめておりましたので・・・・

だから、驚きの発言なのです。

実は、この日、彼は空手の1級が合格し、次は黒帯へのトライ。

別のところでの成長が、心の成長にもつながったのでしょう。

「お母さんにくれるの。すごく嬉しい。優しいね。ありがとう」
って、自然に感謝のIメッセージが口にでます。
だって、むちゃむちゃ感動ですから。心もこもります。

すると次の日、
ベランダでやっと実った二粒のブルーベーリー。
娘と息子がそれぞれ摘んできた貴重な一粒を
彼は半分にナイフで切り、
私にくれたのでした。

子どもの成長曲線が脳裏に浮かびます。
階段のように上がっていくわけでなく、
ずっと底面をはっていても、急上昇する。

親がジタバタどうにかしようとあがいている時には何も変わらないのに、
いろんな流れが重なって、
ある時急に、いっきに成長する。

どんなことも魔法のように即効で効くものはなく、

逆に、魔法のようにすぐに効かないからいいのかもしれません。

その間の葛藤や、
やりとりや、
考える経過や、
学び、
気付き、

それらを経てやっと得られるものだから
見ることができるから
感動があるし、

そうやって生まれる感動が
子育ての醍醐味であり、
子育てへのエネルギー源になる。

彼から元気をもらい、私ももっと精進しようと心を切り替えたのです。

だから、だから、

ゆっくりと、
かけるべき時間をかけて、
頑張らずに顔晴ってゆきたいと思います。

これからもご一緒して頂ければ嬉しいです。

次回の申し込みもたくさん頂きありがとうございます。

皆さんからの感想も、
早めにUPしますね!











| 未分類 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。