12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-28 (Fri)
ほれぼれするほど

澄んだ青い空に(本当に九州の空が好き!)


入道雲と・・・・

いわし雲。


去り行くものと
新しく訪れるものの

混在。


困惑?
贅沢?


移り行くときに、

旧と新との間に起きる

不思議で
切なくて
儚くて
美しくて


振り返りたくなって
留まりたくなる

瞬間。


振り子のように
揺れて
揺れて


揺れながら

色とりどりの景色に出会い、



それがまたひとつ
あなたの魅力になる


そんな気がします。






スポンサーサイト
| 日記 | COM(0) |
2009-08-25 (Tue)
6月末に家族でつくった作品が
出来上がってきました。

ご縁のあった小倉南区の工房。

子どもたちは陶芸初挑戦。

主人と息子がコップ。
私と娘がお皿。

最後に残った粘土で、
なぜか、
招き猫(らしい)とか、ねずみとか、一輪挿しとか、作って。
(それが一番楽しそうでしたが)

釜だしされた作品は、なかなか!


陶芸


出来上がった作品を頂きに伺ったついでに、

今度はやや大きめの器を作ってきました。

すると、

お皿と違って、まるみを出すときに、
すぐにひび割れてきてしまい・・・・。

でも、大丈夫。

水を含んだスポンジでなでてあげれば、
粘土だから簡単にひびがなおっていく。



これがガラスだったら、こうはいかない。
戻らない。

粘土も、
焼きあがったものにひびが入ったら直らない。


粘土は・・・・・いいですね。

心もこんなふうに簡単に治せたらいいのに。


心は変幻自在の粘土のように簡単にはいかないけれど

それでも、揉みほぐして、ストレッチして、ゆる?くしておくと、

パキッと割れることはないから。

完成させず完璧をめざさず。

頑なにならず、やわらかゴコロにしておくことが大切かなと、

粘土とココロを共に、パンパンたたいて、優しく撫でて
形づくってみたひとときでした。


※場所は、「天翔陶房」小倉南区湯川新町です。興味のある方は
お問い合わせください。

















| 日記 | COM(0) |
2009-08-21 (Fri)
数年ぶりに会った旧友たち。

学生時代の友人はいいですね。
どんなに時が経っても、
一瞬にして昔の呼吸を取り戻せる。

変わらない笑顔。

変わらないリズム。

変わらない空気感。

でも、

皆それぞれ、
しっかりと人生を歩んできている。

8年前、ご主人の仕事の関係で香港に渡った友人は、

太極拳を向こうで学び、

しかも2つの流派を体得し、

なんと、

世界大会で中国人をおさえて、
優勝したとか。

才能を認められた彼女は、帰国後、
日本支部の初のインストラクターとして
太極拳を教えているだけでなく、

同じ師のもとで本場の四柱推命を本格的に学んできたため、
カウンセリングもしているのです。

私たちがおこなっているカウンセリングとは異なりますが、

奥の深い二つの世界を自分のものとしてきた彼女!!


それから、


今度、名古屋の御園座(大物芸能人が舞台する場所です)で、
舞いを披露することになったという、この道を極めてきた舞踊家の友人。

カラーセラピーを学び、仕事に活かしている友人。


他の友人たちも、

子育てや家事とのバランスをとりながら、
家族との時間を大切にしながら、
時期を見計らいながら、

それぞれの夢を持ち、
自分の人生を生きている。


「人生は40歳からよね?」と語らう顔は、

若くて、恋して、夢見てたあの頃より、
ずっとずっと素敵になっている。

何歳からでも、なんでも可能なのだと、勇気をくれる。


でも

私がいちばん可能性を感じたのは、

友人(もちろん同い年!)の、ふっくらとしたおなか。


新しい命、

新しい人生、

新しい未来が、ここに!!


そして、

その命を、またもう一度、
慈しんで、愛して、育ててゆく力。


10人いれば10通りの
100人いれば100通りの

選択があり、生き方があり、幸せがあり。

たったひとつの自分自身のそれが、
やっとわかってくる年齢・・・かな。



年を重ねてゆくのは、

広がってゆくことだと、

深まってゆくことだと、

やはりやはり、素敵なことだと、

再認識できた再会でした。

















| 日記 | COM(0) |
2009-08-20 (Thu)
帰省中に楽しめたのは、

9ヶ月の甥っ子のおもり。

久々の赤ちゃんの柔らかさ、可愛らしさ。
たまりません。

最近、弟夫婦が実家で同居を始めたため、
甥っ子は、両親に加え、おじいちゃんおばあちゃんの愛情をたっぷりと受けています。

赤ちゃんと祖父母はとっても相性がいいですよね。

互いにプラスの効果があるため
祖父母のひざの上から赤ちゃんを引き離してはいけないと
言います。

我が子はそれが叶わなかったので、
うらやましいかぎり。
理想的。

彼は絶対、自己信頼感のある人となるでしょう。by 発達心理学より


本当に安定していて、ご機嫌の時間がすごく長くて、
一人遊びも長くできるのですが、

ですが、

まだ、ハイハイしないようなのです。

個人差はあるし、やや遅めのほうがいいという説もあるので、(あくまで一説です)
見守っていればいいと思うのですが、


ですが、

観察していると、

大勢の大人で至れり尽くせり。

転がっていくおもちゃもすぐにとってあげるし、
ちょっとぐずれば、すぐ抱っこしてあげるし、外に連れ出すし、

自分で動く必要がないから、
動かないのでは???

という気も・・・・・・????

これでは、自己信頼感は強くても、
積極性やハングリー精神は・・・弱?・・・・。

今の子育ては、過干渉と放任が共存していると言われていますが、

それ?


でも、だからといって教科書どおりの完璧な子育てなんて無理だし、

まあ、これも彼の個性のひとつとなっていくのでしょう。




甥っ子よ、

ガンバレ!!




| 日記 | COM(2) |
2009-08-17 (Mon)
昨日の夜、

8日間の帰省から戻りました。

ところどころ渋滞している反対車線を横目に、すいすいと車を走らせ、
いつもどおり、10時間で到着しました!!

九州に移住してから8年。

毎年お盆とお正月は愛知に帰省してきました。

そこにかかるお金と時間を使えば、
ディズニーランドにも海外旅行にも行けるのに・・・・と、
心の片隅で思うこともたまにあるのですが、

これが我が家の選択。

半年に1度は親孝行をと、決めたこと。

だから覚悟の上ですが、
半年分を数日でまかなうため仕方のないことですが、

毎回、

胸がしめつけられるような、
せつなさや
痛々しさや
寂しさや
無力さを
味わって

同じ想いをする人も多いかと思いますが、
けっこうしんどい日々であります。
(もちろん、旧友に会ったり甥っ子姪っ子と楽しんだりしていますが!!)


家族がいちばん難しい・・・・毎回そう思い、
同居している皆さんや
近くで常に接している皆さんを
心から尊敬します。


特に実家は本家のためたくさんの親族が出入りし、
さらには近所の人たちも出入りし、
たくさんの人間関係が絡み合い。

癖のあるいろんな大人を見て、
大変そうな母を見て、
祖母や曾祖母の大変だった時代の話を幾度と聴いて、

小さい頃から

人生とか、
時代とか、
女性の生き方とか、

考え巡らしてきた気がします。


でも、そんな深く考えるのも、
時代まで飛ばして考えるのも、

私の思考の癖。

私の受け取り方。


同じ家で育っても、
弟はあまり深く考えないというか・・・
ひょうひょうとしているというか・・・


どちらがいいとか悪いとかではなく、

それぞれの性分でポジションで
それがベストだったと思うのですが、

だから今があると思うのですが・・・・・・・


時には受け取り方を変えてみるのも
思考の癖を変えてゆくのも
大切なことだと、
改めて感じた
私の実家と夫の実家での
怒涛の日々。(笑)



同じ話を繰り返す義母を心配し、深刻になる私と違い、

「おばあちゃん、同じ話何回も聞くから、
美穂ね、10回ぐらい答えたんだけど、
どうせまた聞かれるんだから、本当は違うけどそうだよって答えてることにした。
そのほうが嬉しそうだし」

と、

義母が大好きで、
義母にたっぷり甘えながらおしゃべりするのが大好きな娘の、
嬉しいそうにあっけらかんと報告してくれる姿を見て、


心リセットさせてもらいます。

憂うより、
深刻になるより、
未来を心配するより

今できることをすればいいと。

同じ話は、

何度でも何度でも
何度でも何度でも

聴いてあげればいい。

祖母のときにそうしたように。

今、こんなふうに笑顔で語らえる時間を
しっかり今に刻んでゆけばいい。


愛知よりワントーン明るい九州の澄んだ空の下に戻り、

9月開催の「家族のカウンセラーになろう」
ジャストタイミング!!

顔晴ります!(笑)


















| 日記 | COM(0) |
2009-08-09 (Sun)
先週末に慌ただしく帰省し、
初めて携帯でブログを更新したつもりが


されていませんでした…
すみません…

九州では地震がすごく少ないですが

愛知は昔から頻繁に小さな揺れがあって…

だからこそちょっとした地震には
慣れから反応しなくなっているのですが…

今朝は長い地震。

震度4。

東海大震災を心配されている地だけに

ドキドキでした。


少し前の大雨、
台風
そして地震


どうぞこれ以上

悲しいニュースが流れませんように…
| 日記 | COM(0) |
2009-08-07 (Fri)
次回のセラピーの場所の変更をちえちゃんと一緒に
9月に先行予約頂いている方に電話やメールでご連絡させて頂いております。

それでも、アドレスが間違っているのか?私の打ち込みが悪いのか、届かない方、
電話が通じない方・・・・
アンケートに連絡先がない方が、数名いらっしゃって、おろおろしております・・・。

随時ご連絡させて頂いておりますが、
9月に申し込みをされているのに、私やちえちゃん(ドンナマンマ副編集長)から連絡がない方は
是非ご一報頂けると、助かります。
miyukimatsui358@yahoo.co.jp

そんな中で、
「今日も虹が見えて、美由紀さんのブログを思い出していた矢先でした」

という返信メールを頂き、

一日中PCに向かってガーーーーーーーーッと、仕事していた私は
ハッと我にかえり、
ベランダに出てみたら、

虹はなかったのですが、
すっごく素敵な夕焼け。(メールありがとうございます!)

そこに、

雨の中ずぶぬれになりながらサッカーをしてきた息子と
(その後公園でひと遊びしたらしく、すっかり乾いてましたが)

この天気の中、友達とプールで泳いできた娘が帰ってきて、

2人のたわいのないおしゃべりを聞いていて、

ふと、
胸の中にあったかいものを感じて、

なぜか、この詩が浮かんだので・・・・・。

結婚したばかりの友人の悩みを
聞いていたのもあってかな。

この詩に出会ったのは、忘れもしない19歳の頃。(若っ!)
正しさを振りかざしていた私には、衝撃で!
矢がささりました・・・・。
年季の入ったこの本は、茶色く薄汚れていながらも、
今も、まだまだいたらない私に
いろいろ教えてくれます。


祝婚歌

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで
疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとか
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい


「贈るうた」吉野弘/花神社 より



ん・・・・?

ここまで書いて、気付いたのは・・・
胸が熱くなった私のシーンに、

主人不在・・・・ ・・・ ・・・・

まっ。
それはそれで(笑)


| 日記 | COM(2) |
2009-08-06 (Thu)
メールやお手紙をよく頂きます。
本当にありがたく、読ませて頂いております。

感想やご意見は、本当に勉強になります。
そんな中でも、先日も素敵なメールを頂きました。

参考になる方も多いのではと
了解を頂き、紹介させて頂くことにしました。

カウンセリングでは基本的にアドバイスをしません。
ただし、行動療法のようなカタチで役立ちそうな
情報提供をさせてもらうことがあります。
そんなやりとりのあったAさんからのメールです。

*********************************

「なかなか片付けられなくて・・と言ったときの先生の言葉にいたく共感しまして・・
両手いっぱい、もしかしたらそれでも足りなくて両肩いっぱいににぎりしめていたかもしれません。

にぎりしめてたものをどかさないと、新しいものはつかめませんものね。
そこで一念発起!あれから毎週末は一箇所ずつ片付けを始めました(この私が!)
部屋のイメチェンの構想もふくらみ、近い将来の姿にニヤケる日々です。

ただ、ふとこのまますっきりステキな空間になってしまうのがこわいというか、迷うような気持ちが
頭をもたげるときがあるんです。今までの私に少しずつ隙間があいてきてるからかな・・

きっとやりとげてみせますよ!」

************************************



具体的な内容は違っても、
Aさんのように変わろうとする自分、でもどこか不安な自分・・・を
抱えている方は多いのではないでしょうか。

変わるのって、人は怖いのです。
変わらないままのほうが、断然楽ですし。

だから変わる勇気を持つことって、本当にすごいと思うのです。

もちろん、変わらないほうがいいものもある。変えないほうがいいものもある。

だから人は迷ったり、足踏みしたりするのですよね。
そんなときにいつも思い出す台詞です。


神学者ライン・ホールド・ニーバーの祈り

神よ、
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気を与えたまえ。
変えることのできないものには、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する英知を与えたまえ。



Aさんの「こわいというか、迷うような気持ち」
を素直に見つめている姿勢と、
「きっとやりとげてみせますよ」の言葉に、
この瞬間のこのAさんの想いに、

グッときて、
励まされた私です。
| 参加者の皆様の声 | COM(0) |
2009-08-05 (Wed)
毎年、なぜか7月はドタバタします。
トラブルも多いのです。

そして8月に入って毎年、内省するように思います。
せざるを得ないのです。ありがたいことに。

今年もタイミングよく学生時代の親友から真夜中に電話があり、
深く語り合っていると、

気づかぬうちに、

心に擦り傷をいくつか作っていることに気づくのです。
少し深めで、まだ痛みのあるところもあれば、
傷ではないけれど、すり減っている部分もある。
打ち身でこぶのように、硬くなっているところもある。

日々、カウンセリングなどで、
いろいろなお話を聴かせて頂いているので、
これぐらいたいしたことではないと、脳が処理してきたようですが。

自然治癒力が間に合わないこともあるようです。

気づかなくてはいけないものもあるようです。
自ら、作っていたりするわけですから。

でも、気づくだけで、

「大学時代を思えば・・えらいね。いろいろあるのに明るくて」

と、まるごとの私を知っている親友に受け入れてもらうだけで、
免疫力が高まるようで、

やはり「聴いてもらう」ことってすごいのです。

それに。

彼女は昔、1歳になったばかりの息子を
天国へ見送っています。

ちょうどこの季節。

その悲しみも苦しみも、ずっとそばで見てきました。

今は3人のお子さんに恵まれた彼女ですが、
唯一無二の存在の息子さんのお墓参りを
欠かさない彼女。

彼女のここまで辿り着いた物語(ストーリー)を想うと、

子育てで悩むことができるだけで、
子どもたちがどんな状態でも、今ここにいてくれるだけで、
それだけで有り難いことだと
気づくのです。


そして、お盆の季節は、
大好きだった祖父を思い出し、
孝行できなかった祖母を思い出し、

お子さんや愛する家族を残して逝った彼女を、そして彼を、
思い出し、
仕事に挑んでいたのに、逝ってしまった彼女を
想い、

今こうして、
ここに居ることの奇跡を思うのです。

今を生きることのできる感謝。

傷が作れる今があることへの感謝。

まだ誰かを愛し、
仕事ができ、
仲間と生きることのできる、

まだ何でもできるという今への感謝。
まだ間に合うという今への感謝。


今、こうして読んでくださっているあなたが、
いてくれることへの感謝。

8月は、お盆は、心リセット月間。
自分を見つめ直すプロセスに最適な
時間と空間。
素敵な日本の風習ですね。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ひとつ前の日記に変更をお知らせしましたが。次回のセラピーの大切なご案内です。

9月4日(金) 第3回「家族のカウンセラーになろう」
時間:10時半?12時半 
場所:西部ガスショールームヒナタ2階セミナールーム
住所:小倉北区室町1-1リバーウォーク北九州 093-571-5681
参加費:1回/1500円  
託児:セミナールーム隣 1200円(無料になる可能性あり)
        













| 日記 | COM(0) |
2009-08-05 (Wed)
大切なお知らせがあります。

9月4日(金)の「家族のカウンセラーなろう」
10月2日(金)の「自分を知って心リセット!?心理テストから」

のセラピーですが、

場所が子育て交流プラザから
西部ガスショールム ヒナタ 2階 セミナールームhttp://www.saibugas.co.jp/showroom/k-hinata/index.htm

に変更になりました。

ヒナタは、室町(西小倉駅すぐ)リバーウォークに隣接するビルで、
リバーウォークの駐車場に停めて、リバーウォークの2階(本屋さんがあります)から
そのままつながっています。

また、道を挟んである立体駐車場のほうが、
近いかもしれません。(そこもリバーウォーク駐車場です)

託児も同じく2階、セミナールームの隣の部屋となります。
一応託児は1200円ですが、無料になる可能性ありです。
決定次第、こちらのブログにてお知らせします。

急な変更で大変申し訳ありません。

どうぞよろしくお願い致します。

また、9月のセラピーはありがたいことにキャンセル待ちとなっております。
ご都合で欠席される方は早めにキャンセルのご連絡頂けると助かります。

そして、

小倉駅すぐの交流プラザなら行けたのに、
西小倉では行けなくなった!!
という方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ありません。
是非そのように私のほうにご連絡くださいませ。

次回同内容セラピー開催の際の参考にさせて頂きますので!!
是非是非!!

変更などでご迷惑をおかけしますが、
いつもご理解頂き、本当にありがとうございます。

どうぞよろしくお願い致します。



| 最新のお知らせ | COM(0) |
2009-08-03 (Mon)
ここのところ週末になると、鯵の南蛮漬けを作り続けております。。。

主人と息子が大量の鯵を釣って来るため。

男の子って基本的にハンターなのかなって思います。
主人の会社の人たちと行くことも多いのですが、
どんなにおとなしい小さな男の子たちでも、
ボンボン釣れる鯵釣り、大好きみたいです。

思い起こせば、幼児期。

ダンゴ虫、蟻、バッタ、キリギリス・・・・
どれだけ大量のそれらを虫カゴいっぱいに、
時には幼稚園バックの中に入れて帰って来たことでしょう。

カブトムシ、オオクワが一部屋占領した時期もあれば、
衣装ケースでヘラクレスを幼虫から飼育した時期もあって。

そして今の彼の興味は、

化石発掘(アンモナイト)と釣り。

サッカーと空手はあるし、
みんなでプールにも行かなければいけないし、
公園で遊ばなければならないし、
ハンターにもならなければならないし、
大好きな木工作も製作途中だし、

「忙しくて時間がない」らしく、宿題も勉強もできないそうですが・・・・

それに比べ、

娘は、基本的にIN ドア派。

友達との遊びが何より1番で、
図書館に行ったり、家で一緒に勉強したり、
部屋の掃除に熱中したり、
学校の夏祭りのために浴衣を着る練習を一生懸命したり。
息子と比べ、時間の流れが穏やかな気がします。

無理やり化石探しと釣りに連れて行ったのですが、
あれはやっぱり男のロマンですね。

子どもそれぞれ、心地よい場所も楽しいものも夢中になれるものも違って。

自分が一番楽しめるものを楽しんでいるのが、
きっと一番だろうな・・・と、
その子が一番その子らしくいられるのだろうな・・・と、

それぞれの夏を満喫して欲しいと願う母であります。



| 日記 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。