12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-10-25 (Mon)
嬉しい報告を頂くことがたくさんあります。

でも、やはり人生、Happyばかりじゃなく、

本当に辛い報告を頂くこともあります。



ここのところ、続いています。



たぶん、誰もが

自分の大切な友人、近しい人が

苦しんでいるときに思うように、

私もまた

自分の無力さを全身で感じます。



苦しさを、辛さを、

ひとり受け止めて耐えているあなたの手を

心の中で、そっと握ってみる。




ただただ、

聞くことしかできないけれど、

祈ることしかできないけれど、



それでも私たちは、いつも、ずっと、

ここに居るから。


忘れないでね。





打ち明けてくれて

信じてくれて


ありがとう。


スポンサーサイト
| 日記 | COM(0) |
2010-10-20 (Wed)
「不意打ちだ!」

瞬間に、そう思いました。

「心の準備ができてなかった!」

昨夜9時すぎ。食卓でアイスケーキを家族で食べたあと、(誕生日会だったのです)

リビングで娘と息子がテレビを付けて見ていたのですが・・・

突然、視界に入ってきた浅野温子の重度のうつ病のシーン。

フジTV「フリータ―、家を買う」。

全くのノーチェック。

前半は見ていなくて、話の流れもわからないまま、
ただただ、そのリアルな演技に、

心が固まり、涙は勝手に流れていました。

それは、あの頃の母であり、
あの頃の私たち家族。


自分の家でないような、部屋の中の暗闇。

別人格の、母。

先が見えない絶望感。

家族の言い争い。


今、母はこのテレビを見ていないだろうか、

全国で100万人を超えたと言われている、うつ病で苦しむ人たちが、
そのご家族が見ているとしたら、

どんな想いでいるだろうか・・・・、

動揺する心を保とうと、


「大丈夫。未来はやさしい。大丈夫」



呪文のように、心の中で繰り返していました。


気づけば、真剣に見ている子どもたち。


うつ病は、家族が一丸となって向き合っていかなければならない病気。

周囲の理解も不可欠な病気。

そして、子どもたち若者、夫・・家族全員に理解してもらいたい、「お母さん」の心。

全ては、知ることから始まる。


うつ病やひきこもり、フリーター・・・、
現代社会が抱える問題を
嵐の二宮君という若者に人気のある俳優を起用し、
9時という早い時間枠で放映してくれる
フジTV!!
ありがとう!!

ちょっと痛いけれど、
娘たちが自ら見るのであれば、

来週も一緒に見てみたいと思うのです。
| 日記 | COM(0) |
2010-10-18 (Mon)
人は、人に言いたくない辛い過去を、みなそれぞれ持っていると思います。

同じ心理カウンセラーで、共にセラピーを支えてくれているななちゃんも、
私や仲間には言えても大勢の人たちの前で言えないと、1年前、言っていました。

ななちゃんは、会ったことのある人はわかると思いますが、
いつもニコニコしていて、明るくって面白くって、
常に笑いをくれるムードメーカー。

あの明るさ面白さの裏に、辛いストーリーがあるなんて、
見えません!

自己開示は字のごとく、自分をさらけ出すこと。
自己開示のスキルは、カウンセラーの能力のひとつとも言われていますが、

簡単に伝えられる内容とそうでないものがあり、

ななちゃんの場合は後者なので、
全てを大勢の人たちに伝えなくてもいいと思っていました。

なので、金曜日のセラピーのあるワークで、セラピストの自己開示をする際、
話せる範囲で!と、ななちゃんにお願いしたのです。

受け入れられなかった過去を受け入れられるようになったことが、
8割の話で十分伝わってきます。

でも、彼女は、最後の最後で100%の自己開示をしました。

私たちがどれだけ驚いたことでしょう。

彼女はやはりカウンセラーなんです。

100%の自己開示へと導いたのは、
今日参加してくれている皆さんへの想いからだったと思うのです。

今回は自分のこれまでの人生を見つめるワークで、それは、
前向きに取り組める人もいれば、きつい人もいます。

セラピーの途中、きつそうな人たちのことを
そっと心配していたななちゃん。
変化を起こしたのはきっと、
一緒に乗り越えていこうねという、ななちゃんの温かい想い。

人は自分のためには乗り越えられない壁も、
誰かのお役に立とうと決めたとき、ほわっと乗り越えてしまうものなんですね。

その想いはちゃんと伝わり、
ななちゃんのリアルタイムでの自己昇華とともに、
この日集った人たちの心を、
無意識に、それぞれのカタチで引き上げたと思います。

偶然でありながら必然の出来事。

唯一無二の時間。

実はこの日、ななちゃんの誕生日。

だからこそ、セラピーは、ライブは、いいですね。
思い出すだけで、胸が熱くなります。

ななちゃん、ありがとう!!
そして、ななちゃんの想いを受け止めてくれたちえちゃん、
参加者の皆様、ありがとうございました。

来月11月のセラピーは、ななちゃんの初のカラーセラピー登場です!!


※自己開示は、カウンセリングやセラピーの過程で必要性のある大切で繊細なものです。
それ以外での個人的質問、伝達等に、いつもご配慮頂き、誠にありがとうございます。


11月のセラピーのご案内

ココ*リセ子育てセラピー
「怒りのコントロール2&カラーセラピー」
日時:11月19日(金)10:30?13:00
会場:西部ガススタジオヒナタ2Fセミナールーム
参加費:2000円
保育:無料
食事会:希望者のみセミナールームにて。
    お弁当代が別途必要です。


お問い合わせ&申し込み
申し込み・お問い合わせ:ココ*リセセラピー事務局
cocorise358@yahoo.co.jp

| 最新のお知らせ | COM(0) |
2010-10-10 (Sun)
もう5.6年?6.7年?前になるでしょうか。

ドンナマンマ副編集長のちえちゃんと、北九州市の幼稚園・保育園をめぐり、
先生方からお話を伺ったり、子どもたちと一緒に給食を頂いたり、
園生活での子どもたちの様子を見てきました。

エネルギーいっぱいの子どもたちに出会い、
子どもたちの才能に出会い、
時には、さみしそうな横顔にも出会いました。

編集部に寄せられるアンケートやお手紙には、
悩みごとが寄せられている内容も多いようで、

「こんなふうに悩んでいる人たちに、どうしてあげればいいでしょうか」
と、ちえちゃんは真剣に悩み、よく電話をくれました。

育児、親子関係、親と園との連携など、
感動すること、問題に思うことなどを、よく語り合っていました。

私たち自身が同じ母親で、私たちも同じように悩み苦しんできた経験があったので、
とても他人事ではなかったのです。

保育園幼稚園の先生方も一生懸命で、お母さんたちも一生懸命で、
どちらも愛情はたっぷりとあるのに、時にその想いが強すぎて、
お母さんと子どもたち、
先生と子どもたち、
お母さんと先生たち、
そこに生まれる、悲しいすれ違いや誤解も
誰かが間に入って解いてあげる必要性を感じていました。

私たちに出来ることは何だろう・・・
どうしたら、お母さんたちも心が楽になって、笑顔が増えて、
子どもたちの心を救えるのだろう。

長年ともに語り合い、考え続け、悩んできました。

今思い返せば
「こんなことをやりたい!!」

と思ったことは1度もなく、

「どうしたら・・・どうすれば・・・」

勝手なる使命感。
その試行錯誤の連続だったと思います。

今回も、ある事情から必要に迫られやっとHPを作りました。

HPを作りながら、原点を思い返し、
たくさんの人に支えられて活動が続いているのだと、
つくづく思いました。
そして、Happyは確実に広がり始めていることも再確認しました。

これまでの活動をまとめた感じなので、
やや統一性のなさも感じますが、

よろしければご笑覧ください。ココ*リセHP

今後も皆様と出会い、共に関わり、つながり、
まずは身近な小さき世界から笑顔を増やしてゆけたらと
心新たに思っております。

今日朝起きて携帯画面を見たら、
今日の日付は

10.10.10

HP完成のご報告と、心新たに、リ・スタートするのに
何だか嬉しい並び。

ちなみに
主人と初めて出会った日も10月10日でした。(すみません、関係なくて)


皆々様に、感謝を込めて・・・・。


10月15日のセラピー!まだ少々残席あります。
お申込みお問い合わせはこちらへお願いします。

申し込み・お問い合わせ:ココ*リセセラピー事務局
mail: cocorise358@yahoo.co.jp

| 未分類 | COM(2) |
2010-10-07 (Thu)
前回セラピーに参加してくださったNさんからお電話頂き、

「あの場所にいるだけで、本当に癒されました。
美由紀さんの語りかけが、すっごく心地よくって。
また是非行きたいです」

と嬉しい感想を頂きました。

セラピーはかれこれ、前身のものも含めて
もうすぐ3年になろうとしていますが、
変わらず多く頂く感想に、「声に癒されました」というものがあります。
そんな感想が嬉しく、イメージングワークにも力を注いでいますが、

実は、ほんの最近まで、声は私にとってコンプレックスだったのです。

小学校1年生国語の時間。
先生にあてられて、席を立って教科書を読みました。
私は「水」を「みじゅ」と読んだようで・・・
先生「違うでしょ。‘みじゅ’じゃなく‘みず’。もう一度」
周りのみんながどっと、笑いました。
私「みじゅ」
先生「違う、みず」
私「みじゅ」
先生「もう一度、み・ず・!」
私「・・・・・・・み・じゅ・・・」
何度繰り返し直されても、「みず」と言えませんでした。

小学校5年生のときに、男子に言われて
さりげなく傷ついた台詞。
「お前の声、太いな?。低っ!」

中学生の頃、お風呂で歌っていたら、
たまたま通りかかった父に
「お前も俺に似て音痴だな?」

高校生の頃、部活動の先輩に
「みゆきってさあ?、笑いながらしゃべるから、
いつも何しゃべってるんだか、さっぱりわからないよね」

もれなく私は、自分の声にコンプレックスを持つようになりました。
インタビューのテープ起こしは、自分の声に毎回拒否反応。早送りしていました。
カラオケはいまだに行けません。

なので、人前で話をするなんて、考えられないことでした。
こういう仕事をしたいと思ったことも1度もありませんでした。

皆さんから「癒される」と言って頂いても、
コンプレッス歴が長すぎたせいでしょう。
最初は妙な不一致感がありました。

でも、色々な人に言っていただくことが何年も続き、
絶対音感のあるななちゃんに、(そうなんです!彼女は実はそんな能力持ってます)
「美由紀さんの声は1/fの声だから、心地よすぎて眠くなる・・・」
と言われたときに、やっとコンプレックスを手放すことができたのです。

※1/fゆらぎ=人に快適感やヒーリング効果を与えるといわれている、
規則正しい音と規則性のない音の中間音で、心拍の間隔や小川のせせらぎ、
ろうそくの炎、木漏れ日が例にあげられる。


コンプレックスだったものが、誰かのお役に立つことだって、本当にあるようです。
長年大っ嫌いだった声を、好きになることもあるのです。

でも、人は何かきっかけがなければ、いったん自分で持ってしまった自分へのイメージを
変えることなんてできないのかもしれません。

10月のセラピーは、そんな自分のイメージをリセットするきっかけになるような
時間をお届けしたいと思っています。
自分の人生、過去へのイメージも・・・・。
興味のある方は是非お越しください。

ちなみに、いくら声に対するイメージは変わっても
歌が下手な事実は残念ながら変わらないようです。
でも、まあご愛嬌!と、自分を笑える自分がいます。


大変遅くなりましたが、前回のセラピーの感想を1部ご紹介します。

初めて受講しましたが、感動しました。
あんなにどうしようもないイライラしていた私の心が
セラピー受講後なぜかイライラがなくなり、心が軽くなりました。(嬉!)
娘も保育での遊びが楽しかったようです。
今の自分の悩み・・・解決の糸口が見えてきました。

>Yさんの純粋さ、ご主人を想う気持ちが伝わってきて、
私たちも温かい気持ちにさせて頂きました。

いつもセラピー内容+αの気づきがあり、帰る時には
本当にすっきりした気持ちになります。
まだまだ実践には難しいですが、少しずつ成果が出せるようになりたいです。

>気づきはMさんの能力です。もう少し通っていただければ、実践可能だと思います!

自分が基準でないことを常に意識して、見方受け取り方を変えていきたい。
>ついつい、自分の感覚が正しい!と思ってしまいがちですよね。私もです。
意識するだけで、変わってくるものがあるので、一緒にがんばりましょう!

主人の両親の笑顔が浮かんできて、初心に帰れました。
>ジンときます。

子どものことを、私の育て方の問題と思って、最近は悩んでいましたが、
心理テストで私とは反対の性格なのだろうと思い、納得しました。
性格を受け入れて良いところもいっぱい見てあげようと思います。

>素敵な気づきですね。子どもも私たちも今のまま、あるがままでOKですよね!

その時の自分の心の在り方で、相手がともて良く見えたり、許せなく感じていた理由が
わかりました。交流分析を思い出し、コミュニケーションを図っていこうと思います。

>大きな気づき、ありがとうございます。
そこを認識するだけで、ちょっと心が楽になる気がします。

「何か手伝えることはないですか?手伝いましょうか?」と
伝えたかったのだと、(イメージワークで)意外な気づきがありました。

>どこまでもMさんの優しさを感じます。

イメージワークの凄さ!
>いろいろなバリエーションを楽しみにいらしてください。

10月のセラピーは、

10月15日(金)「セルフイメージアップ&今をチェンジする心理学」
会場:西部ガスショールーム ヒナタセミナールーム(リバーウォーク隣)
時間:10時半?13時
参加費:2000円
保育(楽しいお遊びタイムあり):無料(要予約)


申し込み・お問い合わせ:ココ*リセ子育てセラピー事務局
mail: cocorise358@yahoo.co.jp


| 最新のお知らせ | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。