12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-01-11 (Sat)
たとえば、

ママ友グループ、

同じ趣味の人が集まるコミュニティ、

サークル、

園や学校の役員会・・・・etc

小さくても大きくても、人と人との集まりができると、

どうしても、好きな人苦手な人、気の合う人合わない人・・・
出てくるものですよね。

それが普通の反応だと思います。

いいと思うんです。

この人苦手!っていう感情も。

この人信じられない!あり得ない!!っていう感情も。

ただ、

その人のことを陰で悪口を言い続けていたり、

この人最低、大嫌いと、
心の中で裁き続けたり、

この人怖いとか、きっと私は嫌われているに違いないとか、
その感情に振り回され続けたり、

そんな建設的でない状態がもし続くのであれば
自分自身がハッピーではないし、きついはず。

(一時的なものであれば問題ないかもしれませんが・・)

それに。

お母さんたちが、集まって、誰かの批判非難をしていたら、

子どもたちはそのやり方を母から素直に学び、
クラスや仲間うちで展開する可能性が高いでしょう。

お母さんが怖がったり落ち込んだり避けたりし続けていたら、

子どもたちは、お母さんのその感覚をまるごと受け継ぎ、
人は怖いもの、信用できないものと、
生きてゆくかもしれないでしょう。

マイナスエネルギーを自分の内側や外側に
知らず知らず広げていくのは、こわいことです。

逆に、

どんな人たちどんな環境がやってきても、
自分で、
やさしい世界に
幸せな世界に、
展開させていけたなら、どんなに素敵なことでしょう。


自分の感情にも
自分の人生にも責任を持って、

しっかりと自分の問題に取り組み、

まず、自分たちが
自分の心の切り替え方、癒し方、クリアリングの仕方を
熟知して、

自分で自分を、幸せにしていく。

たとえ、どんな苦しい背景を背負っていたとしても

それを乗り越える力があることを信じて。


bara


自分が変わる決意を持った
感度の高い女性たちが集い、

一歩先行く学びを深め
つながる力で自己変革を起こしながら、
研鑽成長し合える場を

自分で自分の世界をどこまでもどこまでも
幸せにしてゆける場を

ココリセはつくっていきたいと思っています。

そんな女性たちの在り方が、
きっと周りの人の光となるから。

大人の世界に
厳しい批判非難悪口欠席裁判のような悲しい現実がなくなれば、

子どもたちの世界も未来の世界も、きっと温かくなる。

その光となる女性たちと、

一人、また一人、
どんどんつながってゆきたいと

決意を固める、2014年1月です。

2月から、
ココリセ 心の自己トレプログラム
スタートします。

ベーシッククラス 1/21日(火)
セラピー体験説明会 1/28日(火)
で詳細をご案内しますので、
http://www.cocorise.com/セラピー-セミナー日程/



よろしければ是非お越しください☆


スポンサーサイト
| セラピー&カウンセリング講座のご案内 | COM(0) | TB(0) |
2014-01-10 (Fri)
前回のつづきです。


思い起こせば、

家族で帰省して、
父や母、弟夫婦、我が家で、食卓を囲むとき、

毎回、父や母が話題にあげるのが

「美由紀には本当に苦労させられた」ばなしや、
「美由紀のダメだし」ばなし。


高校時代の送り迎えの話やら、

友達をたくさん家に呼ぶから
ごはんをどれだけふるまったかとか、

東京時代の引っ越しの手伝いの話やら、

受験に失敗したときの話やら、

まあ、いろいろあるけれど、

落ちとしては、
ダメな私を、みんなで笑うという感じ。

小さい頃、一応優等生だったんですけどね。


別に食卓に話題を提供する意味で、
ダメな私を笑ってもらい、盛り上がるなら
それはそれでよいと思ってきたのです。
抵抗もなかったのです。

でも、
あるとき、気付いたのです。

ああ、こうして私はこのパターンを
ピエロになる自分のパターンを受け入れてきたのだなあと。

で!!!

母が私と二人の時に、

その話題を出してきたのです。

すかさず、そこで

NO!!

「はいはい」
「もう、その話、100回ぐらい聴いたから」
「もう、いいから」

掌を母に向けて、
空気を押す感じで。
バリアをはる感じで。

上手にね♪

もう、そのパターンには乗りませんよと、
自分で自分の境界線を作り、守ったのです。

実は、これ、
すっごく、重要なこと。



この育った家での自分の役割やパターンを、

仕事場や友人たち、新しい家庭でも
人はつくってしまうのです。

ダメな自分で、ピエロになる自分で、
みんなに笑われて、みんなに愛してもらうパターン。

愛してもらっているので、いいのですが、

ダメな自分を刷り込まれていると、
常に罪悪感がつきまとい、疲れるわけです。
ダメなところを数える癖がついて、前に進めないのです。

だからこのステージから進むために
もう、NOと言う。

1番の根本となる場所で。

ああ、こうやって刷り込まれていたんだなあ。
ああ、こんなふうに拒否できなかったんだなあ。
ああ、こんなにも母親に気を使い、
支配されることでメリットを得ていたんだなあ。
私の中にいるインナーチャイルドが
母に愛してもらうために、ダメな自分でいることを
選んでいたんだなあ。


そんなことを確認しつつ。

NO。

もう、その手にはのらないからね。

そこを受け入れないと決めた、
自分の強さを
身体中で表現しながら。

これはセッションを受け
自分の潜在意識をチェンジさせたからこそ
できたこと。

だから、セッションは必須なのです。

思考レベルの決意では、
ニュートラルの感覚でできずに、
マイナスの発展をした可能性もあるでしょう。

というか、
思考レベルならば、ずっと昔から
やっていたわけです。
言ってたわけです。

でも、
潜在意識が変わっていなければ
たった3%の意志なんて、当然負けます。

潜在意識レベルのチェンジこそ、強いのです。


やっと根本原因の場所でNOが言えた私は、

その他のいろんな場所でも
NOが直接言えたり、

言わなくても、目の前で話している人の無意識の支配に
きっちり境界線を引くことができたり、できているわけです。

自分が確実に変わっているのを
実感しています。
リアルタイムで!!

目線が変わると、
世界が変わる。

2014年、
私の世界は、もうすでにこれまでと
変わりました。

2014年、2015年、
さらに自分の世界を変えていくことの
決意表明もしました。

自分の目指す幸せな世界は
自分のこの手で得られるのです。

皆さんも、共に自分の問題に向き合いながら
自分の世界を変えていきませんか?


2014年の講座案内はこちらを♪
http://www.cocorise.com/セラピー-セミナー日程/

ベーシッククラスは1月2月のあとはしばらく
お休みです。
この機会にピンときた方は是非お越しください☆
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2014-01-10 (Fri)
2014年がはじまり、新学期も始まり、
やっと落ち着いてきた頃でしょうか。

私は仕事初めの4日からノンストップでしたが、
少しずつ、いい感じの心の余白が
できてきているようです。

今年はブログを放置せず、
定期的に発信していきますね。
(宣言!)


さて、

年末年始と恒例の帰省をしたのですが、
今回はいろんな意味で、
とてもとてもいい時間でした。


年明けは私の実家で、
トランプ三昧。

人生ゲームのようなものも持っていっていたのですが、

2歳から70代までが楽しめるのは
やはりベーシックなものが1番ですね。

ババ抜きで、ここまで皆で大笑いできるなんて、
いいなあって、思います。

おすすめです。


笑って
笑って
笑って


「笑いすぎて腹筋が痛い」と
父も母も。


笑ってスタートできるお正月って、
本当にありがたいです。

3年前のお正月は、母のうつ病再発にどん底で、
お正月どころではなかったのですが、

こんなふうに、ちゃんと笑える日が来るのですね。


そして、自分自身の変化を再確認できた
いい機会でもありました。


私の生きづらさの根本原因は、ブログに繰り返し
綴ってきたように、母親との関係性。
一番最近のブログはこちら↓
http://miyukimatsui.blog66.fc2.com/blog-entry-325.html


母を変えようとあれやこれやと必死でがんばったり、
大喧嘩したり、
泣いたりわめいたり怒ったり、

10代からずっとずっと格闘してきたのだと思いますが、


今の私は、
母の一見愛情的な支配であり、口撃を

掌を母に向け「ストップ」のしぐさをしつつ、

「はいはい」
「わかったから」

と、そこで終わらせることが
自然なカタチで、できるのでした。

違和感なく、
母を怒らせることもなく、
無理に黙らせるわけでもなく、
逆にこれまで言われ続けたことを責めるわけでもなく。

ただ、

もう十分わかったよ。
もう、お断り。

ただ、受け入れないというNO。


淡々と。
毅然と。
おおらかに。


不思議に、母も

「ああ、もう言っちゃいかんのね」

と、

わかってくれたようで。

この2人の間にできた感覚の変化は
初めてのものでした。


人との関係性は、本当に不思議です。

相手がどうのこうのではなく、

自分と相手、ふたりで
創り出している世界なんですね。

だから、もうその世界から抜けだしたいならば
自分が覚悟して抜ければいいわけです。


つづく


| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2014-01-05 (Sun)
2014年、スタートしました。

新年のご挨拶は控えさせて頂いておりますが、
本年もよろしくお願い申し上げます。


日の出


帰省先の愛知から九州に帰る途中、宮島インターに立ち寄った際、
絶妙なタイミングで出会った日の出。

元旦ではありませんが、
私にとって2014年の初の日の出。

本当に美しかったのです。


こちらは、

年末、厳かなる御場所にて。

ご神木(伊勢)


2013年から2014年、
私は、ありがたいほどのベストな流れを
つくれたように思っております。


皆さまにとっても、
皆さまが真に願う幸せを手にする2014年になりますように。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



| 日記 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。