12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-02-23 (Sun)
前回に引き続き、「母卒!」について。

母親を卒業できずに、
何歳になっても、目には見えない母親の心理的支配の中で
生きている人たちが、
とても多いように感じています。

友達親子、
一卵性母娘。

実は、母と自分の境界線があいまいで、
感情や価値観が入り混じっていたりします。

逆に母が大嫌いで、
心理的シャットアウトしている人たち、

一見自立しているけれど、
かわいそうな母親、大好きな母親の
心理的面倒を当然のように見続けている人たち。

どのタイプも、
母親を卒業できず、
自分らしさを確立できていなかったり、
自分の人生を生きることができなかったり、
している気がします。

それは、時として、
夫婦関係、自分の子どもとの関係に影響します。

母親を優先するために、
母と分離できていないために、

新しい家族の関係性をつくってゆこうとするときに
つまづくことが多いのです。


仕事や友人関係、コミュニティ内の関係性の中でも、
それは、わかりやすく出てきて、
気づけば、息切れしていたり、先が見い出せなくなったりしている人も
多いのではないでしょうか。

例えば、
周りからの評価に敏感すぎる人
相手を第一に考え、自己犠牲的になることいとわない、いい人
相手(もしくは、会社、グループ、家族等)にとって、なくてはならないものであろうと、
完全を目指して努力するため、過労に陥りやすい人
相手の世話をやくことで、相手に依存されやすい人


自分でも気づいていない人が多いのです。

私自身もそうでした。

まずは自己認識から。
そうなってしまった背景を知り、

そこを克服してゆくことで、

自分自身の本当の幸せと、
今の家族の幸せにつながってゆくと、思っています。

今月28日は、
どなたでも参加できるベーシッククラス開催です。

ピンときた方は是非お越しください。


母卒!できてますか?させてあげられますか?
「成長心理学~思春期・成人期より~」


日時:2月28日(金)10時半~13時
会場:西部ガススタジオヒナタ2F(小倉北区室町1-1リバウォーク隣)
保育:有り(一人1500円、ふたりめ1000円)
参加費:通常3000円のところ、特別価格1500円

※今回は、FBS報道番組のテレビ撮影が入る、特別公開講座となります。
その点ご了承ください。テレビ放映される時間は3分間という短い時間です。
どうしてもお顔が映りたくない方は、配慮して頂けるようですので、
事前にお知らせください。


詳細、お申し込みは下記よりお願いします。

http://www.cocorise.com/セラピー-セミナー日程/

電話でのお問い合わせお申込みは、
080-9145-5517
(セッション中、講座中は、電話に出れないことがあります。
留守番電話にメッセージを残して頂ければ、こちらからかけ直します)
スポンサーサイト
| 最新のお知らせ | COM(0) | TB(0) |
2014-02-16 (Sun)
先週は、かず姐さんの愛媛集中ワークショップに
スタッフとして入り、

1月開催の名古屋ワークショップに引き続き、
学び深く、濃厚な日々でした。

毎回、3~4名の受講生さんを担当させて頂くのですが、
必然の出会いのように感じております。

そんなノンストップの日々の中、



愛媛出張前に、リビング福岡さんの取材を受けました。
テーマは「子どもの反抗期」。


さすが、リビングさん!!

事前に読者アンケートをとっているのですが、
その数、半端なく、
目を通すのが大変でした。

ひとつひとつ読みながらわかってきたことは、

「反抗期がないほうがいい」と思っている人、
「反抗期がなかったこと」をベストと思っている人が、
まだまだ意外にも多いということ。

また、反抗期を迎えた我が子と徹底的に「戦い」、
最終的に、親の意を押しとおし、
「いい子」に着地させたことに満足している人も多いということ。

一見いい子育てに見える、
親の過保護過干渉。
愛情という名の、支配コントロール。

わかりやすい虐待やネグレクトとはまた違う意味で、
タチが悪いと言われています。

親が作り上げた枠の中で育たなければならなかった子どもたちは、

チャレンジを恐れ、無気力になったり、
優秀な大学、一流企業にすすみながらも、
その後自分の判断で仕事していく段階でつまづいたり、
自分がされてきたように、弱き者を支配コントロールしたり、
上司や権力者を崇拝し顔色をうかがい、いい人を続けたり、
母親と心理的共依存状態になったり、
~でなければならない生き方しか選択できなかったり・・・などなど・・・

逆に、お母さんが自分のことで手一杯で、
我が子は手のかからない、いい子だと安心しているのですが、
実は、子どもが遠慮して言いたいことも我慢して、
お母さんの心理的面倒を見ている場合も多々あります。

その場合は、反抗期なく過ぎてゆくでしょう。
親からすると自立している問題ない子に見えても、
実は、まったく母から卒業できていない子が多いのです。


母を、ちゃんと卒業させてあげる必要があるのです。


そのためには、自分自身が母親を卒業していなければ、
本当の意味で自立していなければ、できないのです。

皆さんはどうでしょうか?



私の場合は、
うつ病になった母親の心理的面倒を見続けることから、
母親の心の癖のインストールから、
卒業するのに、時間がかかりました。

私は、10代に(特に中学生の頃)親にも先生にも反抗し、
さらに、就職の際は、母の反対を押し切って、自分の生き方を選んで上京しました。

しかし、
母のうつ病を機に、自分の人生より母を選び直したのです。

そこから、母より幸せになることを自分に許可することにも
自分の人生を生きることを選択することにも、
たっぷり時間をかけてしまいました。
意識でなく、無意識レベルだったので、とてもやっかいでした。


母の枠に再度入ってしまった私は、
当然、知らず知らず娘にも同じことをしていました。


娘には、
「幽霊よりも、ママのほうが怖かった。
心配されるのが本気で嫌だった。背後霊みたいだった」


と昔を振り返り言われたほど。

私も母と同じく、心配症で、娘にべったりとくっついていたのです。
娘曰く「ポイントが違う!」愛を、よかれと思い、
押し付けていたのです。

途中そこに気付けたのが、幸いでした。
自分のことって、盲点になりやすいものですね。


どうぞ、母卒!!!めざしましょう子どもの背後霊にならぬよう・・・--;

もし、あなたの後ろに母と言う名の背後霊がいましたら、
是非とも、お引き取りいただきましょう。


2月28日。
ベーシッククラス開催します。

母卒!できてますか?させてあげられますか?
「思春期から老年期~成長心理学より~」
 


反抗期→自立の過程がいかに大切か、
成長心理学より、人生を俯瞰から見て考えてゆけたらと思います。

我が子の生き方、
そして自分自身の生き方、

どちらの視点からも、一度しっかりと向き合っておいてほしい
テーマです。


もう、すでにお申込みがすすんでおりますので、
残席8名で受け付けております。

今回に限っては、
下記の条件をお読み頂いた上で、お申込みください。



母卒!できてますか?させてあげられますか?
「思春期から老年期~成長心理学より~」


日時:2月28日(金)10時半~13時
会場:西部ガススタジオヒナタ2F(小倉北区室町1-1リバウォーク隣)
保育:有り(一人1500円、ふたりめ1000円)
参加費:通常3000円のところ、特別価格1500円


※今回は、FBS報道番組のテレビ撮影が入る、特別公開講座となります。
その点ご了承ください。テレビ放映される時間は3分間という短い時間です。
どうしてもお顔が映りたくない方は、配慮して頂けるようですので、
事前にお知らせください。

詳細、お申し込みは下記よりお願いします。

http://www.cocorise.com/セラピー-セミナー日程/

電話でのお問い合わせお申込みは、
080-9145-5517
(セッション中、講座中は、電話に出れないことがあります。
留守番電話にメッセージを残して頂ければ、こちらからかけ直します)


| 最新のお知らせ | COM(0) | TB(0) |
2014-02-07 (Fri)
「助けて・・・って、はじめて言えたんです。
自分も子どもたちも風邪でダウンしてしまったとき、
叔母にヘルプの電話ができたんです。
そうしたら、自分を頼ってくれてすごく嬉しかったって・・・
喜んで手伝いにきてくれて・・」

家族にも友人にも頼ること、甘えることが苦手だった彼女は
人生はじめて、お願いすることができたそうです。

「叔母さんの嬉しそうな態度に、びっくりしました。
ありがとうって言われるなんて・・・。
頼ることは迷惑かけることだと思って生きて来たから・・・。
私、何を今まで、こんなに一人で踏ん張っていたんだろうって」

親に頼ることができなかった
お願いしても聴き入れてもらえなかった
幼き日の彼女に、

そして、今、こうして目を潤ませながら
報告してくれる彼女の姿に

胸が熱くなります。

最近、しっかりものだった4歳のお子さんが、
甘えてくるようになったそうです。

甘えそびれずにすんだのです。

人は、逃げずに避けずに自分の問題に向き合っていくと
人生を変えてゆくことができる。
その人にとっての本当の意味での幸せを手に入れることができる。

気付けば家族も幸せになっていく。

もっともっと幸せになっていくママたちが増えて、
その家族や周囲がどんどん幸せになっていってもらえたらと
改めて、改めて、思います!!

2月28日(金)
ベーシッククラス開催することになりました。

内容はまたおってアップします☆



| 参加者の皆様の声 | COM(0) | TB(0) |
2014-02-02 (Sun)
「わがまま言ってはダメ。泣かないの!」

幼いころ、お母さんに例えばこんなふうに繰り返し叱られたら・・・

小学生になっても、大人になっても、

欲しいものを欲しいということや、
泣くことや、
自分の意見を言うことを、

無意識に止めてしまうことがあります。


「お母さんの言うことをきいて、いい子でいるんだよ」

こんなふうに、祖父母に毎回言われていたら、

「さすがお姉ちゃん。ママ忙しいから、
お姉ちゃんが勉強もお手伝いもしっかりしてくれているから、
本当に助かる」

お母さんにこう言われ続けたら、

いい子でいることを自分に課し、
お母さんの期待に大人の期待に応えるために、
がんばり続ける人生を、ずっとずっと、
30歳40歳過ぎても尚、続けていくかもしれないでしょう。

幼少期に親が子どもにどうかかわるかで、
子どもの人生脚本が決まってゆきます。

逆にいえば、自分の今の生きづらさの要因は
この頃に形成されていることがほとんどです。

そして、
ほとんどと言っていいほど、

自分の母親の子育てのパターンを
受け継ぎます。

母のようには絶対にならないと
思えば思うほど、

実は同じように生きていることが
多いのです。

私自身、
無意識に、

母や父の期待に応えるために、
いい子で
優等生で、
生きてきました。

中学時代は優等生ながら先生に
反抗し続ける問題児でもありましたが。


娘もそっくりです・・・・。(反省)


できるならば、やり直したいと思う
我が子の幼少時代・・・。

それでも子育ては日々お休みはありません。

子育ては完璧になんてできないと、私は思っています。

ただ、この最低限の知識を知っていたらどれだけよかったかと
思うことはあります。

母親の私自身が、どうあればよかったんだろうなと
思うことはあります。

子育てのヒントに、
そして、自分自身の生きづらさのひもときの機会になればと、

ベーシッククラス、開催します。

子どもの心を学ぼう~成長心理学~

1年ぶりの開催です。
リニューアルしてお届けします。

お時間のある方は、その後食事会も開催予定です。
個人的質問などはその時にもお応えできればと思っています。


子どもの心を学ぼう~成長心理学より~

日時:2月5日(水)10時半~13時
会場;AIM7F72会議室(小倉駅すぐ)
参加費:3000円
保育:一人1500円(ふたりめ1000円)
   22会議室

要予約となります。



詳細はこちらもご覧ください。

ココリセHP
コリセHP:
http://www.cocorise.com/セラピー-セミナー日程/


お申込みは、

ココリセセラピー事務局

cocorisetherapy@gmail.com

TEL:080-9145-5517





| 最新のお知らせ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。