12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-02 (Tue)
玄米を食べていると、前向きになると言われました。

正しい判断ができるようになり、どこまでも立ち向かっていけるようになると。

まだまだ初心者の私ははっきりと断言できるまでにいたっておりませんが、

それでも確かに、逃げずに前向きに取り組めるようになったり、

何かが自分の中で落ち着いてきたような気がしています。


それはなぜかというと・・・

玄米は、水につけていると芽が出ます。

秋になると玄米1粒に3000粒以上の実をつけます。

つまり、玄米一粒はそれだけの生命力を備えているのです。

私はこれまで食べ物は栄養価で考えていたのですが、

今は、食材から私たちはエネルギーを頂くのだと、

命を頂くのだと、思うようになりました。

腑に落ちると「いただきます」も、自然と心を込めて
言っている自分がいます。


そんな玄米をおいしく炊くコツは・・・。

できれば、無農薬、有機栽培、減農薬のものを。

そして、水は浄水器を通したおいしい水で洗い、炊くことをおすすめします。

<炊き方>

1.傷つかないように、やさしく右回りで洗う。(4回ほど水をかえて)

2.1時間以上浸水。エネルギーを高めたいときは一晩水につけて、朝炊くこと。

3.水の分量は玄米の1.2?1.5倍。(鍋や炊飯器の表示に合せる)
  鍋や圧力鍋で炊く場合、弱火にかけ沸騰したらひとつまみの塩を入れる。
  (炊飯器の場合は初めにひとつまみの塩を入れておく。)

4.炊き上がったら、濡れ布巾の上に置き、鍋の底を冷やす。

5.濡れ布巾で、まず蓋→側面の順にふいて、粗熱をとる。
  15?20分蒸らす。

6.蒸らし終わったら、空気を含ませるように天地を返す。

7.湿った布巾でふいたおひつに移す。


鍋で炊くと一番美味しいと思いますが、炊飯器でもOK!

玄米はごま塩と頂くとおいしいですよ。

そして、できるだけたくさん噛みます。

元気がでるので、一度是非試してみてください。

今回は一応、マクロビフード・コンシェルジェとしての、情報でした。

| マクロビ | COM(2) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。