12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-24 (Fri)
私は小さい頃から本の虫で、物語が大好きでした。

一方、中学生の娘は読書が好きでなく、あまり読みません。
宇宙の本とか、自然科学の本は好きなのですが、物語は読まないのです。

そんな彼女が珍しく昔読んだ本を読み返しながら、私に言うのです。

娘「この本、やっぱり、話が突然変わるんだけど」

私「物語はそういうものよ。そういう展開方法よ」

娘「でも本当に話がつながっていないの」

私「突然、関係ないシーンを登場させる。作家の手法のひとつよ。
  でも、ちゃんとそこには意味があって、つながっていくのよ。
  読み進めていくと、ああなるほどって、きっとわかると思うよ」

娘「でも、224ページの次が、194ページなんだけど」

私「・・・・・・・・・・・」


娘が言うには、数年前初めて読んだ時も私にそう言ったそうです。

でも、私はまさかベストセラーになっているような本に、製本ミスがあるなんて疑わず、
本を読み慣れていない娘の読解力のなさと、勝手に決め付けていたのです。

これぞ、出版本は「絶対」という固定観念。
自分のほうが、本に詳しいという傲り。

思い込みから、聴く姿勢がとれていなかったことに猛反省。

きっとこんな感じで、
我が子ではなく、世間や先生や友人の話のほうを信じてしまったり・・・
理由を聞かず、頭ごなしに決め付けてしまったり、叱ったり・・・
してしまうのだろうな・・・と。

以前、専門学校の生徒たちが口ぐちに言っていた
「大人なんて信用できない。どうせわかってくれない」
「親なんて、俺たちの話まともに聞かないからね」

そんな親に、大人に、気付くと我が身がなっていることだって、
あり得るのだと、

背筋がゾクっと、胸がズキっとしました。

子どもから学ばせてもらうことは、本当に多いです。
気づかせてもらうことばかりです。
子どもたちがいるから、成長させてもらえる。

精進します。(娘よ、ごめん。そんな冷やかな目で見ないで・・・)

さて、先週のセラピーも満席御礼申し上げます。

直前のお申し込みでお席をご用意できなかった皆様、大変申し訳ありません。

よろしければ、是非10月に!!お早目のお申し込みをお待ちしております。

9月のセラピーは心理テストをしました。

就職の際に採用する会社も多いので、一度されたことのある方も多いかと思いますが、

これは自分のタイプを知るだけでなく

多面的に読みこんでゆくことで、自分や周りの人に対して理解が深まる気がします。

また、しばらくしたら取り入れてみたいと思います。
自分の変化を見てゆくのも、本当に興味深いものです。

参加された方の感想は・・・次のブログで、ご紹介しますね。

10月のセラピーは、

10月15日(金)「セルフイメージアップ&今をチェンジする心理学」
会場:西部ガスショールーム ヒナタセミナールーム(リバーウォーク隣)
時間:10時半?13時
参加費:2000円
保育(楽しいお遊びタイムあり):無料(要予約)


申し込み・お問い合わせ:ココ*リセ子育てセラピー事務局
mail: cocorise358@yahoo.co.jp

| 未分類 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。