12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-06-08 (Wed)
5月最初の日曜日にジーンズが入らなくないことに気づき、

翌週、仕事用の黒パンツのウエストもあぶなくなり、

その翌週、スタイル抜群の独身女子に、ダイエットの必要性を説かれ、
(年齢とともになかなか痩せにくくなるらしい)

その翌週、「真剣にまずいでしょ?前と全然違うよ」と私を良く知る人に言われ、


さすがの私もやっと自分の現実に向き合った5月下旬。

4.5月は、書きものが多かったのです。

書く仕事が多いときは、きまってコーヒーと甘いものを摂ってしまうのです。

深夜でも明け方でも関係なく・・・・。


そこで、マクロビダイエットを始めました。

ダイエットと言っても、

週1、2ぐらいだった玄米(家族が嫌がるので)を
週5ぐらいにして、
(家族は白米でも、私は冷凍保存しておいた玄米!)

お肉を食べる時は、大根を必ず食べて(その日の脂をおとしてくれます)

切干大根の煮物も積極的に作り(昔の脂を落としてくれます)

牛蒡も食べ(足を細くします)

キャベツをはじめとする野菜料理を増やしたぐらい。

大好きなパンは封印しました。

コーヒーやチョコ系は量を減らしつつも辞めませんでしたが、

ほぼ1週間後!ジーンズが入り・・・大感激!!

娘が
「玄米食べると、トイレに行ったとき自分の腸って長いんだな~って思う」

というぐらい、玄米を食べると大きな便りがすごく立派なのです。

白米のとき出ない分は、どこに行くのだろう・・・と不安になるぐらい。


食材の力はすごいです!!

季節の移り変わりの影響で、
ココロの調子も今ひとつのときは、

甘い野菜のスープもおすすめです。

心が安定すると言われています。
夕方飲むのも効果的。
顔のてかりや脂うきもおさえます。
中美恵先生のレシピです。



作り方

○材料2人分
たまねぎみじん切り  1/4カップ
キャベツみじん切り  1/4カップ
かぼちゃみじん切り  1/4カップ
にんじんみじん切り  1/4カップ
水   2カップ

1.小さめの鍋にたまねぎ、キャベツ、かぼちゃ、にんじんの順番に重ねて野菜をいれます。
  この順番が大事です。
2.水を鍋肌からそーっと加えます。
3.弱火で沸騰させ、沸騰してから弱火で20分間煮詰めます。
4.ザルで野菜をこして、スープだけいただきます。


こんなふうにマクロビすごし!と言いつつ、
セラピー後、ビアホールに行って
食べ放題を堪能している私ですので、

またいつ、気づけばやばいことになっているかもしれません。

そのときはどうぞ、遠慮なく教えてください。
| マクロビ | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。