12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-02-13 (Mon)
ショックな知らせが届く土曜日の朝。

動揺し、諸々のことを考える。

心を届けなければならない家族の存在を、改めて痛感し、
今の学びや仕事をこのまま進んで行って良いのだろうかなどとも。

この日の笑顔共和国の記念式典も、出席をためらう状況だったけれど、

がんばって遅れて参加。

すると。

そこには、日本メンタルヘルス協会の、キノピーと丸山先生。
そして、福岡校サポーターの皆さん。

ここのところ再受講に行けていなかったので、
丸山先生とは本当に久しぶりで。

その再会が本当に嬉しくて。
大好きなお姉ちゃんにやっと会えたような感じで。

「みんなの心の故郷でいたいから」

先生のひと言に、泣けそうになりました。

キノピー先生は、実はアイランドの手のワークでペアになった
心の夫婦(笑)。

今日、この日に、会わせてくれた神様に感謝。

そう、やはりここが私のホーム。心の故郷。

食事会


先週末上級クラス後の食事会。

顔かぶりまくって、上手に撮れていないのが悲しいけど
(16名を撮るのって難しい・・・)

でも、このココリセは、メンタルでの学びがあったからこそのココリセ。

みんなの笑顔の出発点は、やはりメンタル。

きっと大丈夫。

心の故郷があるから、踏ん張れる。

故郷があるから、新しい道へも進んでゆける。

私にできる精一杯の貢献を、

大切な人のために。目の前の人のために。

必要な時に必要な出来事があり、
必要な時に必要な出会いがある。

つくづくそうなのだと思う。

ショックな事実も、また同じ。

どうそれをギフトにしてゆけるか。なんですよね。




| 日記 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。