12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-08-26 (Sun)
ふとテレビを付けると、24時間テレビで二宮君のドラマ。

偶然にも、帰省中に読んだ「命のカウンセリング」(長谷川泰三著)のドラマ化でした。

この本を読むと自殺がなぜ、どれほどいけないことなのか、

胸に迫ります。

話を聴く大切さも・・・。


さて。前回のブログの続きですが。

私が帰省で決着をつけてきたものメインは、



母のうつ病再発のカウンセリング。




これができたのは、新たなNLPの学びが大きかったのですが、

母の怒りの大元の感情処理がやっと完了したのです。

うつ病とは、怒りと悲しみの抑圧。

母の怒りは、亡き祖母と、父と、親族に向かっていました。

なので、私もそこに焦点を当て続けてきました。

明らかだと、思いこんでしまっていたのです。


でも、

実は、もっと別の大元の怒りが未完了のままだったからだということが、

やっとやっとわかったのです。



それは遡ること、母の小学校3年生のころ。

そのときから始まった怒りや悔しさが、冷凍保存されたままだったのです。

それを解きほぐし、その怒りを感じ切ってもらうセラピーをしてみると・・・

母は、はじめて、すっきりしたと、

常に痛くなった後頭部の痛みまでもすっきりしたというのです。

本当の怒りは吐き出すとすっきりします。

完了したのです。


ついでに、ここ4.5か月、母はずっと頑固すぎる便秘い苦しんでいました。

病院も何度も行き、何か所も行き、薬を飲み続けても、玄米や牛蒡やセロリを食べても、
(ヨーグルトも食べていたらしい)

治らなかった便秘。

これも、あるワークをすると。。。

母は半信半疑で付き合ってくれたのですが、

翌日、少しですが、出たのです☆

次の日も次の日も、少しずつ出るようになり、



そして先日、電話で、

「もう、天国よ。娘を産んでおいて本当によかった。

薬飲まなくても、たっぷり出るようになってしまって(大きな便りが)!

食欲も出て、何でも食べれちゃうし(ここ2カ月食べれなくて、すっかり痩せていたのです)

眠れるようにもなったのよ!!(ここ2カ月眠れないことが大きな悩みでした)」



もちろん、まだ、この続きはあるかもしれません。

まだ未完了な感情が残っている可能性もあります。

でも、きっと大きな大きなひとつが、完了したように思うのです。


心と身体はやはり、こんなにも強くつながっているのです。




| 未分類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。