12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-01-25 (Fri)
前回のブログの続きです。

受講生の方で、

「もしかして、私のことですか??」

と、お2人ほどメールを頂いたので、
言葉足らずだったかなと・・・(すみません)

いえいえ、違います!!
このブログを読んでいるだろう人たちでは、
全くありませんので。

例えば、
仕事に携わっている方が、体調面精神面で限界が来て、
抱えている仕事が途中なのに、仕事を辞めたとします。

そんな自分を許せずに、辞めても尚、回復できない方が
本当にたくさんいらっしゃいます。

そして、あれは仕方なかったんだ、
あそこで人生の選択をしたのだと、
切り替えることは、正論へのすり替えではありません。
それは、立派なビリーフ(思い込み)の書き換えだと思うのです。

自分を守るのと、自分の立場を守るのとは、違うと思うのです。
自分の身体と心は、何があったとしても守るべきものです。
守っていいのです。


正論にすりかえる例といえば、


例えば、
「あなたたちのためよ」、「これは皆のため社会のためです」と言いながら、

実は
学校や職場の体面、自分の立場を守るためだったり、
世間体を気にする自分を守るためだったり。
自分が必要以上に仕事しないためだったり。


守ってもいいのです。
守るしかないときもあるでしょう。
守らなければいけないときもあるでしょう。

でも、すり替えて怒られたり、意見を押し通されそうになったら・・・

反応-――――――――――――!!!爆音!!!!!


そう、でもそれは、
その人が良い悪いというより、

私が反応しているのです。

私に反応してしまう理由があるのです。

だから、私の問題なのです。



メールをくださったお一人は、
私が忙しくて返信する余裕もなかったので、

その間に、落ち込みながらも自分の中でたくさん考えていると、
思いこみのチェンジ&気づきの嵐だったようで。

まずは、
「自分は嫌われても仕方ないとしても、きっと美由紀さんが嫌いなのは
私の行動であって、私自身ではない」


と、考え方を転換。
いい調子です。(でも、あなたのことではありませんけど)

次に、
「それは美由紀さんの環境だったのかもしれない」

素晴らしいです!!!
そして、

「依存ばかりしていた美由紀さんの一言に
自分の気持ちを左右されていなかったことに「おっ!」と思えたんです。
こう書きながら,今気づきました。
私,母の一言一言に気持ちを左右されていました・・。」



お見事です!!!!!!!!!!!


私に嫌われているのではないかと悩んだ時期もあったという彼女。
(嫌ったことなど一度もありませんが)


※思い込みは、こんなふうに見当違いのまま展開されるのですね。
こんなふうに、勘違いのまま、離れてしまう関係も多いのでしょう。。。。(遠い目)



前提が大勘違いですが、それでも考え方の転換をし続けた
最終ゴールはお見事でした。


「そしてカズ姐さんのブログを見たあとだったんですが,私も愛着問題だったのかなと感じました。
改めて自分で感じると寂しいもので,朝から鏡を見ながら泣いていました。
「怖かったんだね。でも言えずにふたをしていたんだね。がんばったね」って自分に言いました。
自分の子供たちにはそんな思いをさせたくない,
だから怒らないようにしなきゃと思いましたが,
「・・・しなきゃ」じゃなく自分が変わればいいんだと思い,また泣きそうになりました。」



彼女はずっと私にお母さんを投影していたのです。
私にではなく、お母さんに嫌われたくなかった。
お母さんの期待に応え続けたかった。


芯の部分に直面するのは、とても勇気がいったと思います。


でも。

ココリセにずっと学び続けてくれて、
カウンセリングも何度か受けて
かず姐さんのグループセッションにも参加して、
ブログも読んで。

逃げずに向き合い続けると、
気づきが生まれ、ビリーフの書き換えもでき、
ちゃんと変わってゆけるのです!!!!!!!!


あまりにも感動的で、私の問題の話まで辿りつきませんでしたが、
それはまた今度!!!  


| 未分類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。