12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-08-31 (Sat)
自分の受け持つセッションには、
数本の流れがあるように感じています。

その中のひとつの流れの中に、
ここ数カ月、「父親」をテーマにしたものが
続いておりました。

クライアントさんとお父さんとの関係であったり、

旅立つ前、後の、
お父さんの癒しのセッションであったり、
お別れをするセッションであったり。

この流れが続いていた夏に、
私の父が何度も熱中症で倒れていたので、
少しだけ心配しておりました。

しかし、この流れの先に訪れたのは
義父が天に召された、知らせでした。

お盆に、ミニ盆栽の教室の手伝いに行ったばかりでした。
娘と一緒に、髪をシャンプーしたばかりでした。

悲しみや混乱。
感情が交差する中、
事務処理に追われる現実。

身近な人の死という、
究極の現実が突きつけられた時、

思考はうまく使われず、

自分の外側と内側で起きている流れが
着地するには、時間がかかりそうです。

深い部分で、揺り動かされているときこそ、
表層に上がりにくいのかもしれません。

ただ、今感じられるのは、

無力さです。
限界です。

その自分の無力さにも限界にも、頭を下げる。

無力であることも
限界があることも心に据えて、

ただ、今できることを、させて頂く。


夏が過ぎ去ってゆきますね。


| 日記 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。