12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-02-16 (Sun)
先週は、かず姐さんの愛媛集中ワークショップに
スタッフとして入り、

1月開催の名古屋ワークショップに引き続き、
学び深く、濃厚な日々でした。

毎回、3~4名の受講生さんを担当させて頂くのですが、
必然の出会いのように感じております。

そんなノンストップの日々の中、



愛媛出張前に、リビング福岡さんの取材を受けました。
テーマは「子どもの反抗期」。


さすが、リビングさん!!

事前に読者アンケートをとっているのですが、
その数、半端なく、
目を通すのが大変でした。

ひとつひとつ読みながらわかってきたことは、

「反抗期がないほうがいい」と思っている人、
「反抗期がなかったこと」をベストと思っている人が、
まだまだ意外にも多いということ。

また、反抗期を迎えた我が子と徹底的に「戦い」、
最終的に、親の意を押しとおし、
「いい子」に着地させたことに満足している人も多いということ。

一見いい子育てに見える、
親の過保護過干渉。
愛情という名の、支配コントロール。

わかりやすい虐待やネグレクトとはまた違う意味で、
タチが悪いと言われています。

親が作り上げた枠の中で育たなければならなかった子どもたちは、

チャレンジを恐れ、無気力になったり、
優秀な大学、一流企業にすすみながらも、
その後自分の判断で仕事していく段階でつまづいたり、
自分がされてきたように、弱き者を支配コントロールしたり、
上司や権力者を崇拝し顔色をうかがい、いい人を続けたり、
母親と心理的共依存状態になったり、
~でなければならない生き方しか選択できなかったり・・・などなど・・・

逆に、お母さんが自分のことで手一杯で、
我が子は手のかからない、いい子だと安心しているのですが、
実は、子どもが遠慮して言いたいことも我慢して、
お母さんの心理的面倒を見ている場合も多々あります。

その場合は、反抗期なく過ぎてゆくでしょう。
親からすると自立している問題ない子に見えても、
実は、まったく母から卒業できていない子が多いのです。


母を、ちゃんと卒業させてあげる必要があるのです。


そのためには、自分自身が母親を卒業していなければ、
本当の意味で自立していなければ、できないのです。

皆さんはどうでしょうか?



私の場合は、
うつ病になった母親の心理的面倒を見続けることから、
母親の心の癖のインストールから、
卒業するのに、時間がかかりました。

私は、10代に(特に中学生の頃)親にも先生にも反抗し、
さらに、就職の際は、母の反対を押し切って、自分の生き方を選んで上京しました。

しかし、
母のうつ病を機に、自分の人生より母を選び直したのです。

そこから、母より幸せになることを自分に許可することにも
自分の人生を生きることを選択することにも、
たっぷり時間をかけてしまいました。
意識でなく、無意識レベルだったので、とてもやっかいでした。


母の枠に再度入ってしまった私は、
当然、知らず知らず娘にも同じことをしていました。


娘には、
「幽霊よりも、ママのほうが怖かった。
心配されるのが本気で嫌だった。背後霊みたいだった」


と昔を振り返り言われたほど。

私も母と同じく、心配症で、娘にべったりとくっついていたのです。
娘曰く「ポイントが違う!」愛を、よかれと思い、
押し付けていたのです。

途中そこに気付けたのが、幸いでした。
自分のことって、盲点になりやすいものですね。


どうぞ、母卒!!!めざしましょう子どもの背後霊にならぬよう・・・--;

もし、あなたの後ろに母と言う名の背後霊がいましたら、
是非とも、お引き取りいただきましょう。


2月28日。
ベーシッククラス開催します。

母卒!できてますか?させてあげられますか?
「思春期から老年期~成長心理学より~」
 


反抗期→自立の過程がいかに大切か、
成長心理学より、人生を俯瞰から見て考えてゆけたらと思います。

我が子の生き方、
そして自分自身の生き方、

どちらの視点からも、一度しっかりと向き合っておいてほしい
テーマです。


もう、すでにお申込みがすすんでおりますので、
残席8名で受け付けております。

今回に限っては、
下記の条件をお読み頂いた上で、お申込みください。



母卒!できてますか?させてあげられますか?
「思春期から老年期~成長心理学より~」


日時:2月28日(金)10時半~13時
会場:西部ガススタジオヒナタ2F(小倉北区室町1-1リバウォーク隣)
保育:有り(一人1500円、ふたりめ1000円)
参加費:通常3000円のところ、特別価格1500円


※今回は、FBS報道番組のテレビ撮影が入る、特別公開講座となります。
その点ご了承ください。テレビ放映される時間は3分間という短い時間です。
どうしてもお顔が映りたくない方は、配慮して頂けるようですので、
事前にお知らせください。

詳細、お申し込みは下記よりお願いします。

http://www.cocorise.com/セラピー-セミナー日程/

電話でのお問い合わせお申込みは、
080-9145-5517
(セッション中、講座中は、電話に出れないことがあります。
留守番電話にメッセージを残して頂ければ、こちらからかけ直します)


| 最新のお知らせ | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。