12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-06 (Thu)
メールやお手紙をよく頂きます。
本当にありがたく、読ませて頂いております。

感想やご意見は、本当に勉強になります。
そんな中でも、先日も素敵なメールを頂きました。

参考になる方も多いのではと
了解を頂き、紹介させて頂くことにしました。

カウンセリングでは基本的にアドバイスをしません。
ただし、行動療法のようなカタチで役立ちそうな
情報提供をさせてもらうことがあります。
そんなやりとりのあったAさんからのメールです。

*********************************

「なかなか片付けられなくて・・と言ったときの先生の言葉にいたく共感しまして・・
両手いっぱい、もしかしたらそれでも足りなくて両肩いっぱいににぎりしめていたかもしれません。

にぎりしめてたものをどかさないと、新しいものはつかめませんものね。
そこで一念発起!あれから毎週末は一箇所ずつ片付けを始めました(この私が!)
部屋のイメチェンの構想もふくらみ、近い将来の姿にニヤケる日々です。

ただ、ふとこのまますっきりステキな空間になってしまうのがこわいというか、迷うような気持ちが
頭をもたげるときがあるんです。今までの私に少しずつ隙間があいてきてるからかな・・

きっとやりとげてみせますよ!」

************************************



具体的な内容は違っても、
Aさんのように変わろうとする自分、でもどこか不安な自分・・・を
抱えている方は多いのではないでしょうか。

変わるのって、人は怖いのです。
変わらないままのほうが、断然楽ですし。

だから変わる勇気を持つことって、本当にすごいと思うのです。

もちろん、変わらないほうがいいものもある。変えないほうがいいものもある。

だから人は迷ったり、足踏みしたりするのですよね。
そんなときにいつも思い出す台詞です。


神学者ライン・ホールド・ニーバーの祈り

神よ、
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気を与えたまえ。
変えることのできないものには、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する英知を与えたまえ。



Aさんの「こわいというか、迷うような気持ち」
を素直に見つめている姿勢と、
「きっとやりとげてみせますよ」の言葉に、
この瞬間のこのAさんの想いに、

グッときて、
励まされた私です。
| 参加者の皆様の声 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。