12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-17 (Mon)
昨日の夜、

8日間の帰省から戻りました。

ところどころ渋滞している反対車線を横目に、すいすいと車を走らせ、
いつもどおり、10時間で到着しました!!

九州に移住してから8年。

毎年お盆とお正月は愛知に帰省してきました。

そこにかかるお金と時間を使えば、
ディズニーランドにも海外旅行にも行けるのに・・・・と、
心の片隅で思うこともたまにあるのですが、

これが我が家の選択。

半年に1度は親孝行をと、決めたこと。

だから覚悟の上ですが、
半年分を数日でまかなうため仕方のないことですが、

毎回、

胸がしめつけられるような、
せつなさや
痛々しさや
寂しさや
無力さを
味わって

同じ想いをする人も多いかと思いますが、
けっこうしんどい日々であります。
(もちろん、旧友に会ったり甥っ子姪っ子と楽しんだりしていますが!!)


家族がいちばん難しい・・・・毎回そう思い、
同居している皆さんや
近くで常に接している皆さんを
心から尊敬します。


特に実家は本家のためたくさんの親族が出入りし、
さらには近所の人たちも出入りし、
たくさんの人間関係が絡み合い。

癖のあるいろんな大人を見て、
大変そうな母を見て、
祖母や曾祖母の大変だった時代の話を幾度と聴いて、

小さい頃から

人生とか、
時代とか、
女性の生き方とか、

考え巡らしてきた気がします。


でも、そんな深く考えるのも、
時代まで飛ばして考えるのも、

私の思考の癖。

私の受け取り方。


同じ家で育っても、
弟はあまり深く考えないというか・・・
ひょうひょうとしているというか・・・


どちらがいいとか悪いとかではなく、

それぞれの性分でポジションで
それがベストだったと思うのですが、

だから今があると思うのですが・・・・・・・


時には受け取り方を変えてみるのも
思考の癖を変えてゆくのも
大切なことだと、
改めて感じた
私の実家と夫の実家での
怒涛の日々。(笑)



同じ話を繰り返す義母を心配し、深刻になる私と違い、

「おばあちゃん、同じ話何回も聞くから、
美穂ね、10回ぐらい答えたんだけど、
どうせまた聞かれるんだから、本当は違うけどそうだよって答えてることにした。
そのほうが嬉しそうだし」

と、

義母が大好きで、
義母にたっぷり甘えながらおしゃべりするのが大好きな娘の、
嬉しいそうにあっけらかんと報告してくれる姿を見て、


心リセットさせてもらいます。

憂うより、
深刻になるより、
未来を心配するより

今できることをすればいいと。

同じ話は、

何度でも何度でも
何度でも何度でも

聴いてあげればいい。

祖母のときにそうしたように。

今、こんなふうに笑顔で語らえる時間を
しっかり今に刻んでゆけばいい。


愛知よりワントーン明るい九州の澄んだ空の下に戻り、

9月開催の「家族のカウンセラーになろう」
ジャストタイミング!!

顔晴ります!(笑)


















| 日記 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。