12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-01-23 (Mon)
今日は(もう昨日ですね)、エッセイストであり、

笑顔共和国大統領の福田純子先生の還暦のお誕生パーティーへ。

純子先生の亡くなられたお母様が、生前純子先生に繰り返し伝えた台詞を
教えて頂きました。

「気が強い女はいいけれど、我の強い女にはなってはダメ。
『我』には根っこがない。必要なときはまっすぐに謝れる人になりなさい」

ああ。なるほど。。。と心にズドンと響くこの台詞で

ふと思い出したのは、5年前に取材でお会いした

毘沙門天天台宗普光寺住職、池田智鏡さんが教えてくださった言葉。

「俺が俺がの我を捨てて、お陰お陰の下で生きる」

※↑クイックして頂ければ、さらに詳しく読めます。

自分を持つことと、我を通すことは違うのだと、
教えて頂いたあの出会い。

先輩方から頂く言葉の重みをきちんと受け取って、

活かしてゆけますように。

自分を省みながら、出会いの数々に感謝した夜でした。


笑顔共和国第26回記念式典

日時:2012年2月11日(土)
会場:ヒルトン福岡シーホークス
記念式:14時開演 6000円
祝賀会:19時45分開演 14000円
通し券(記念式+祝賀会17000円)

発起人であり、音楽評論家・作詞家の湯川れい子さんや
奇跡の歌声と言われるミネハハさんをはじめとした、
すごい方々も登場し、
平原綾香、ケツメイシ、加藤ミリヤ等の音楽プロデューサー・YAMAGIMAN氏は
ハワイから歌のプレゼントの生中継あり。

よろしければ、是非ご一緒に!

お申し込みお問い合わせ
笑顔共和国事務局:092-531-1592
HP:http://www.egao-kyowakoku.co.jp/
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2012-01-16 (Mon)
人間関係に悩むクライアントさんのカウンセリングをしていると、

受け取り方の違いによる思い違いや誤解が、

とても多いように思います。

そこをひとつひとつ紐解いてゆくと、

悩む必要も嫌う必要も落ち込む必要も実はなかったということが、
けっこうあるのです。

そして、家族の場合においては、

話をとことん日数をかけて聴いてゆくと、

大嫌いだった親との間に、
離婚を考えていた夫との間に、
愛せないと言っていた子どもとの間に、

「愛」を発見することが多いのです。


それにしても、どうしてこんなにも悲しい誤解が多いのか、

この誤解が発生しなくなればいいのにと

ずっと思っていました。

そんな時に出会った「統計心理学」

講師は元プロバスケットボール選手で、引退後
長年研究した統計心理学をベースに、
人材育成や組織のマネージメントを行い、
起業家塾も開催している鈴木克彦氏。

ここには大きな鍵がありました。

タイプによって大きく違う価値観、心の在り方があるのに、

それを知らないばかりに、
全ての人間が自分と同じ感覚だと疑わないばかりに、

人間関係の大きなストレスを発生している実態が、

明確に具体的にわかったのです。



普通に伝えているつもりなのに、
相手によっては、
「怒っている」と受け取られることもあれば、
「嫌われている」と不安にさせてしまうこともある、タイプの違い。

こちらは相手のことを思ってお世話しているのに、
うっとうしいと思う人もいれば、
苦痛に感じる人もいて、
もちろん喜んでくれる人もいる、その違い。

統計心理学は深いので、0.001%ほども
お伝えできないのですが、

学べば学ぶほど、
自分のことや相手のことへの理解が深まってゆき、
理解できなかった相手の行動や台詞が理解でき、

ストレスが減って行くのを実感しています。


そして何より、

自分の中で受け入れられなかった本質の部分を
やっと受け入れられた気がします。

学べば学ぶほど、人間というものがさらに
愛おしくなってくる統計心理学。

みんな、それぞれ、誰もがOK! 

違いを理解し合い、半歩ずつ互いに歩みよれたら、
世界はどんなにHAPPYになるだろう。

もっと深みまで学んでみたいと思っています。



| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2012-01-05 (Thu)
明けましておめでとうございます。

2012年。

どんな年がスタートされたことでしょうか。

2011年は気づきの年であり、
再会、再スタートの年でした。

「自分の中にある愛を伝える」
その言葉を胸に、心のストレッチの連載コラムを
2011年1月から書き続けてきた日々。

セラピー&講座が100回記念を迎えた9月。

心理学を学び、
数年かけて自分に向き合ってきたつもりだったのに、
まだ底の底で、
自分の本質の部分が好きでないことに気づかせてもらった10月。

そして、流れを変えようと、

これまで背を向けていたFacebookをはじめ、
交流会にも参加し始め、

その1歩のおかげで、
さらに、深い気づきを得ることが出来た12月初旬。

価値観が違うと苦手意識を持っていたあの人たちは、
実は自分自身の一部だったことに気づき、

そんな苦手も嫌いも、
受け入れ始めた12月中旬。

そして、久しぶりに心がバテるかと思ったほど忙しかった年末。
尊敬する恩師から頂いた1通の手紙。

その手紙を何度も何度も読みながら、
涙しながら、

私はやっと
過去の自分と今の自分を抱き合わせて、
嫌いな自分と好きな自分を抱き合わせて、
あるがままの自分と理想とする自分も抱き合わせて、

そして、ふーっと力が抜けてゆく、
何かが溶けてゆく、

そんな感覚を味わったのでした。

今思えば、完璧なシナリオ。

そして、恩師の言葉、

「出逢った目の前の人の幸せを支援する」

いつもカウンセリングやセラピーの前に手を合わせ
心に誓ってきましたが、

その志の深さに、綴られた文字の中で改めて出会い、
心リセットすることができました。
勇気と光を頂きました。

ココリセも、執筆も、カウンセリングも、セミナーも、

「人を幸せにする仕事」なのだと。


2012年。

たくさんの人たちの内なる光に出会えますように。
そのままの自分を家族を愛してゆけますように。
新しい風と溶け合うことができますように。
今ここから、happy サイクルをつくってゆけますように。

そして、つながってゆけますように。

2012年もどうぞよろしくお願いいたします。



| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-12-22 (Thu)
子育ち

今日は、朝から子育ちフェスタの準備。

舞台では、わくわくさんや歌のお姉さんのリハーサルも。

子どもたちには、たまらないでしょうね☆


ココリセブースも皆さんのお手伝いのおかげで着々と!

お手伝いに来て下さった皆様、本当にありがとうございます。(涙)

明日、来て下さる皆様も、本当にありがとうございます。


家に帰ると、花瓶の中の小さな花々がいくつも咲いていました。

花


誕生日の日は、ひとつの花も咲いていなかったのに。

今日お手伝いしに来てくれた皆さんの顔が浮かんできました。

小さな花が、ひとつずつひとつずつこんなふうに
なんともきれいに咲いていく。

そして、ココリセは支えられている。

ありがとうございます。

こんなふうに一緒に皆さんと何かができる幸せ☆感じています。


そして、明日もたくさんの素敵な出会いがありますように・・・



| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-12-14 (Wed)
今から7.8年前までは、スピリチュアル系も占いも神社巡りも大好きでしたが、

心理学を学んでから、

そこまで興味がなくなったというか、

好きですが、そこに頼らなくても大丈夫な自分になりました。

それでも、イイトコドリは、忘れません。笑

今日は、4年前から待ちわびていた日。

令翠学の福田純子先生から、

この年齢になるまで、じっと我慢の日々だから、
ともかく辛抱しなさいと言われ続け。

この年齢になったら、すっごく好転してゆくと言われ続けた

今日。

といっても何を我慢してきたわけでもなく、

目の前の仕事をともかく必死でやってきて、

流れのままに気づいたらその日が来たというのが本当のところで、

(あの頃は随分先だな~と思ったのに、早かった!)

もちろん、今後の自分次第でしょうが、

やはり、ワクワクしてます。

でも。

昨日午前の打ち合わせのときも、帰り際に

明日誕生日ですよね、と可愛いブケをいただき、

午後の打ち合わせ&会食でもまた、プレゼントを頂き、


13日200

前日だったし、予想もしてなかったので、
ひとりになってから涙出て来て、

全然今で満たされている。このつながりが嬉しい。

今でOK!そんなふうにも思えたのでした。


いただく花束たちは、写真を撮ってPCの中のギャラリーに保存しているのですが、

そうそう、ブログにアップしそびれてしまった、こちらも可愛いブケたち。

先月、講座100回の区切りでココリセスタッフにお礼をと、

会食をしたときに頂いた花束。



200回記念

みんなにGiveをと思っていたのに、

私のほうが、頂いてしまい・・・。



本当は十分、今がOK! 今でOK! 


でも新しいワクワクする未来もウエルカム!変化もウエルカム!

両方抱きしめて、

みんなでHAPPYになってゆくために。

HAPPYをもっと届けられるようになるために。

これまでの殻をひとつ、脱ぎ捨てられますように☆





| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-12-05 (Mon)
毎年11月12月はなぜか学びの月。
学びたくなるのでしょう。

今回もいろいろと学ばせてもらい、
週に4日も博多に行っておりました。

そして、日本1早いクリスマスパーティーには、

本当に素敵な方々が東京、兵庫、山口、沖縄・・・
各地から勢揃い!

実は仕事が詰まっていて出席できる状態ではなかったのですが、

普段は家族を優先してしまい腰の重い私ですが、

2.3時間睡眠でも、こじあけて行って本当によかったと思う
貴重な出会い満載でした。


くりすます2

さて、明日はココリセセラピー中級クラス最終日。

ここまでご一緒できたことに本当に嬉しく思っています。

締めくくりにピッタリの季節ですね。

実は前回のクラスのあと、深い気づきがあったおふたりからメールが来ていました。

Sさんは、後日、講座内容を自分の中で落とし込んでいると、
自分の中に特別なこだわりがあったことに気づいたそうです。

そして、自分らしく輝ける場所がイメージでき、
来年から進む夢が見つかったとのこと。

感覚的にピタッと一致したそうです。

素敵です。

もうおひとりは、上級クラスも受講してくれていたMちゃん。

前回の食事会のとき、腹が立ってしかたがない人のことを話していたのですが、

私が2つぐらい質問を投げかけると、

彼女はあっという間に、相手に対してではなく自分の中のストーリーに
気づくことができたのです。

新入社員だった頃、先輩に厳しく責められた日々。
忘れていたけれど残っていた傷。
あの先輩と同じように、今相手を責めている自分。

意識に上がれば、あとはそこをクリアすればいいのです。

それをきちんと自分の中でやりとげたMちゃん。

上級の学びをちゃんと活用してもらっていることに、
本当に嬉しく思いました。

怒りも、実は自分を知って自分を癒して、自分にも相手にもOKを出し、
さらに楽になっていくツールになってしまうのです。

自分をどんどん広げてゆけるきがします。
上級クラスに進まれる方は、どうぞ楽しみにしていてくださいね。


12月8日はベーシッククラス。
「家族がイキイキする母親力&自分未来学」

まだお席がご用意できますので是非お越しください!
思春期~老年期までの心の成長もたどります。


10時半~12時半
子育て交流プラザ多目的ホール
保育あり(お問い合わせください)



お申し込み&お問い合わせ
cocorise358@yahoo.co.jp
ココリセセラピー事務局 090-8622-5196

| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-11-22 (Tue)
Image914.jpg


またまたココリセ娘が誕生しました!!!!!!!!!!!!!

今月半ば。

ご主人と息子さんの立ち合いのもと、超安産出産で、

お兄ちゃんになった息子さんが、誕生日の歌を歌ってくれて、
とても幸せな出産だったそうです。

Yさんが初めてココリセを受講されたときは、
まだぺちゃんこなお腹だったけど、

命が宿っていました。

だんだんお腹が大きくなるのをみんなで見守ってきたので、

本当に嬉しいです。

Yさんはココリセでたくさんの人にハグされてきたので、

赤ちゃんもたくさんハグされてきたのです。

だから、愛に満たされています☆

天使の横顔。

やっとやっと会えると思うと、嬉しいです。

この冬は、まだまだ天使たちが誕生予定。

いいですね~。

ココリセ、幸せな現場です。
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-11-07 (Mon)
カウンセリングやセラピーでは、自己評価が低い方によくお会いします。

毎回、もったいないなと思って、
その場合は、等身大の自分を認識してもらう取り組みをします。

私自身は、そこそこ自己評価ができているつもりでした。

でもそれは。

これまで、たくさんの人と知り合って、学んで、
何十年という時間の中で誰かの言葉も受け取りながら
目指した理想の自分。

そこに向かっている今の自分に対しては
それなりに評価し承認してきたけれど、

自分の本質の部分、あるがままの自分に対しては、
まだまるごと受け入れてはいなかったということ。
だから、実はセルフイメージが低いということ。

その気づきは、驚きのものでした。

心理学を学び、自己理解を深め、
自分の中でいくつも乗り越えて来たつもりでいたけれど、
本質のOKを出せていない部分への取り組みが
机上の理論でなく感情の部分での取り組みがまだ残っていたこと。

それを気づけたのは、
10月に過ごした、東京での日々。

女性雑誌の編集をしていた頃の先輩たちと20年ぶりに再会し、
楽に呼吸できる居心地のよい場所で、本当に楽しいひとときを過ごし、

セミナーなどで貴重な数々の出会いがあり、

自分を深く掘り下げ向き合う濃厚な時間を持つことができ、

自分のセルフイメージが低いことを知ると同時に、

自分のこれまで歩んできた道を肯定し、
今の自分を肯定できた、

かけがえのない時間。

再会した先輩たちが、
新しく出会った人たちが、
本当にとても素敵で、
温かくて魅力的で、


流れの切り替えポイントとなった日々でした。


セルフイメージをアップさせるには
もう少し時間がかかるかもしれませんが、

私がやり遂げることができたなら、
私を訪れてくれるクライアントさんたちは
必ず自己評価を上げることができる。

そう確信できるので、やりがいはあります。

そして、それは、

自分を含めた未来へとつながる、一枚の切符。

新しい一歩がはじまったような、

今を感じています。


明日は中級クラスのセラピー。

少しばかりセルフイメージのアップした私で

(まだ80%中30%ぐらいのようですが・・・)

これまでとは少し違う風を感じてみたいと思っています。
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-09-20 (Tue)
先週、右手を火傷してしまい(正確には指4本)、いっとき、
右手が包帯でぐるぐる巻き状態に。

これが、本当に痛いのです。
パソコンも何も、できません。
原稿書かなきゃいけないのに、メール返信もたまっているのに・・・(涙)

指のありがたみが、ひしひしと。
普通に生活できるありがたみ、ひしひしと。
自分のおっちょこちょいさ加減に、猛省。

でも、当日「これは深いな。明日専門の大きな病院に行ったほうがいいかも」
と皮膚科の先生に言われるぐらいだったのですが、

翌日、先生も驚くほど、上手に経過しておりました。

痛いことも、ショックなことも、泣きたいことも、悔しいことも、
情けないことも、落ち込むことも、ハプニングも、
日々、いろいろありますね。

でも、

傷がちゃんと、予想より早く回復してゆく様子を見ると、

ちょっと心強くなるものです。

傷ついても、ちゃんと治るのです。

「氷で冷やさなかったのがよかったですね。氷で冷やしていたら、
火傷をさらに深くしていましたね」

おっちょこちょいのため、火傷を何回か繰り返し、
さすがに学んできた私です!(誉められたことではないけど)

正しい処置が身についてきました☆

心も同じですね。
よかれと思って施す処置で、
知らず知らずに傷を深くするケース、多いです。

痛い!と思って我慢できなくて、
誰かに聴いてもらうだけでいいのに、
いろんなところでその相手の批判を繰り返したり。
話をすり替えたり、大きくして、同情を得たり。
相手を悪者にしたり。

1の傷のところ、
自分の思考の中でどんどん膨らませ、
100ぐらいの傷のようにして、苦しんだり。
100ぐらい自分を裁いたり。


間違った処置で傷を深くしてはいけない。

シンプルに受け止めて、正しく処理すれば、
回復も案外早いもの。

もしかしたらそれは傷ではなく、気づきの種かもしれない。

しばらく、右手がそんなふうにメッセージをくれそうです。
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-09-19 (Mon)
山田緑地は、子どもたちが小さい頃、本当によく通った場所です。

特に息子が大好きな場所でした。

幼かった息子はそこを「ボサボサ公園」と読んでいて、
(芝生や緑が印象的だったのでしょう)

戦いごっこしたり、ボール遊びしたり、サッカーしたり、
虫や石やどんぐりを探したり。おたまじゃくしの成長を観察したり。
小道を歩いていたら、猪にバッタリ会うという珍事件もありました。

現在、その山田緑地で絵本カーニバルが開催されております。

森の家の展示ホールでは絵本の世界が広がっているそうです。
50人がおすすめする絵本が紹介されています。
私も、1冊紹介させて頂いています。
絵本のお話し会や手づくり絵本コーナーや音楽会など、
いろんなメニューで楽しめるようです。

運動好きな方も絵本好きな方も、是非遊びに行かれてください。

2011年9月17日(土)~25日(日)10:00~16:00(休園日を除く)
山田緑地「森の家」展示ホール
山田緑地 福岡県北九州市小倉北区山田町 TEL:093-582-4870
URL:http://yamada-park.com/
詳細は山田緑地通信をご覧ください。
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-08-29 (Mon)
昨日は、メンタル仲間の結婚パーティーでした。

共に学び、その後、彼女が頑張っている姿に感動する機会もあり、
そんな過程があったからこそ、

嬉しさもひとしお。

姉のように母のように嬉しかったのです。

幸せの空間にいられるのは、本当にいいですね。

そして、久しぶりに仲間と会うことのできたひとときも、また嬉しくて。

心地よい友との時間は心の栄養です。


夏は、各方面の仲間と集う機会が多く、

北九州ライターズネットワークの仲間と集う時間も

なんとも嬉しいひととき。

個性はそれぞれでありながら、同じ目線を持っている仲間は
本当にいいものです。

ほっとするし、心が元気になります。


癒しといえば、帰省して会う学生時代の仲間かもしれません。

1年に1度ぐらいしか会えないけど、
毎日会っているような空気感は、特別ですね。


そして、この夏は、ひたすら、これまでの学びをさらに掘り下げたくて
セミナーや書物に向き合っておりました。
新しい学び、深めた学び。
時間を忘れるほど集中するひとときが、私は好きなんだと、
今回つくづく思いました。

心も頭の中も活性化してゆくようで、
広がり深まってゆくようで、ただ、好きなんでしょう。

そんな充電期間を終え、夏も終わろうとしています。

しばらく会っていなかったココリセの皆の声を聴くだけで、

胸にジーンときて、懐かしく(少し会っていなかっただけで)嬉しく、

心新たに9月を迎えられそうです。

9月も4つのココリセセラピーが開催されます。

平日開催は残席少しとなっておりますが、

9月4日の土日開催はお席がご用意できますので、

是非お越しください。この日はワケあって、

特典付きセミナーとなります!!

詳しくは今夜もしくは明日のブログで!!



| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-08-23 (Tue)
子どもたちが在宅する夏休み、

食事は3食作らなければならないし、
散らかり続け片づける回数は増えるし、
叱りたくないのに叱らざるを得ない出来事が次々繰り広げられる・・・
子どもが本当に言うことをきかない・・・

そんな話を立て続けに聴いています。

皆さん、大変そうです。

今でこそ、本当にラクになりましたが、
(子どもが大きくなれば、部活などで家にいませんから)

私も本当にきつかった日々を思い出します。

今思えば、「~でなければならない」という考えに
囚われていた時期が
一番きつかったかもしれません。

時間になったらさっと遊び終えて、後片付けをしなければならない。
お手伝いしなければならない。
喧嘩してはならない。兄弟仲良くすべき。
きちんと挨拶しなければならない。
周りの人に悪く言われるような行動をしてはならない。
宿題は先にしなければならない。
などなど。


挙げればきりがないほど。

今思えば、どうしてあんなに、
大人にとっての「いい子」にするために
口うるさくしていたのだろうと、悔やまれます。

ずっと遊び続けていたいのも、
お手伝いより宿題より遊びのほうが楽しいのも、
喧嘩するのも、
性分によっては挨拶ひとつ恥ずかしいのも、

子どもなんだからごく普通のことなのに。

しつけは必要だけれど、
我が家のルールにもとづいて叱ることも必要だけど、
心の中では、
子供らしいってことで、おおめに見てもよいことなのに。

大人の言うこときかないぐらいが、
頼もしいって思ってもいいのに、

「きちんとしつけなければならない」
「ちゃんと育てなければならない」

そんな不安がベースにあったように思います。

夏休みに入る少し前、ある日の夕方、電車の中で
ランドセルがまだピカピカで制服を着た
学校帰りの男の子3人が、
お行儀よくちょこんと座っていました。
その中のひとりが、
「僕は今日、どうして塾に行かなければならないんだろう」
と、うつむいてため息をついていました。

同じ駅で下車したため、
とぼとぼと帰るその男の子の背中を見ながら歩いていると、
反対方向から、同じぐらいの年齢の私服の男の子集団が、傘を振り回し、
友達の帽子をとったりしながら、
走り回って下校していました。

危ない!と注意したくなるほどだけど、
彼らにはパワフルなエネルギーが溢れていました。

子どもはちゃんと、子どもらしい時代を過ごした方が
絶対いい。

子ども時代の楽しさや自由さを飛び越えて、
大人並みのきちんとさや優秀さは、
誰のためのものだろう。

ぼーっと、そんなことを考えていました。

今年は、秋をとばして冬が来ると言われていますが、

秋がないのって何かがおかしいと、誰もが感じているはず。

通るべき道を通っている、

片づけない、兄弟喧嘩をする、友達と喧嘩する、
宿題しない、
おもちゃを買ってと駄々をこねる、
まだ遊びたいと公園から帰らない、
親に口答えする、

家にそんな子どもらしい子どもたちがいたら、

どうぞハグしてあげてください!!

ちゃんと子ども時代を生きている!OKだよって!
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-08-20 (Sat)
あっという間に、夏休み後半。

皆さま、どんな夏をお過ごしでしたでしょうか?

気づけば、ブログの更新がストップしておりました・・・(大汗)

コラム原稿を書いているせいか、

本人は常に書いている感覚だったのですが・・・

すみません。。。


1週間ほど、愛知に帰省してきました。

今回は特に、「調和」を強く意識することを心に決めて。

人はみんな個性的で、価値観も違って、

自分の考えがベストだと思うものなので、

人が多く集えば集うほど難しく、
年齢を重ねれば重ねるほど、頑なになるので難しいですね。

お墓参りにしても、レジャーのセレクトも、

「こうしたい」「こうすべき」が交差し合うのです。

生後6カ月から70代までのニーズはそうそう一致しません。

それでも調和をめざしてゆくと、
私自身の心の世界は穏やかなんです。

出来事はパーフェクトには遠く及ばず、いろいろ問題も起きてくるけれど。

それでも、ベースに穏やかな波が漂っていると、

それなりにみんなが笑っていられるものですね。

母のことや、親族の関係や、諸々のことでずっと苦しく思ってきたけれど、
切なさで何度も涙したけれど、

自分の心の世界を変えるだけでよかったのだと、
再確認。

心の中を変えてみただけなのに、これが不思議と実際の関係性や
流れが、良い方に回り始めることも、
再認識。

そうはいっても、まだ心痛い課題もあるけれど・・・・


もう少し時間を下さい。

今は今でOK、ですよね。

でもかけるべき時間をかけて、

いつか広い範囲での優しい調和に辿りつけたらと、
思うので。

そう、
仏壇の前で、亡き祖父や祖母に話しかける深夜。

祖父や祖母の穏やかな顔が浮かんで、

それでいいんだよ、

と言ってもらえたようで、

そのひとときもまた
今までとは一味違う、

心落ち着く、心地よい、大切な時間でした。




| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-07-04 (Mon)
突然、大粒の雨音に、ハッとさせられた今日。

ここ数日間、
パソコンの画面に向き合っている時間が長かったので、

突如、外の世界に呼び戻されたような・・・。

雨を眺めながら想ったことは、

濡れてみようかな・・・・!!!(笑)

先日家族でプールに出かけたけれど、
私だけ仕事で行けなかったから・・・かも。

この雨に打たれて、

不安も、
心細さも、
こだわりも、
頑なさも、
情けなさも、
悔しさも、
悲しさも、

全て流してしまえたらいいのに。

でも、

そう思った瞬間に、

きっと、流れ始めているんですよね。

「流す」という意識が
宿ったから。

明日はステップアップクラスの
心のクリーンアップ。

流すものを流して、
揉みほぐして、
最後はパンパンっと、お陽様に干せるような、

そんなひとときになりますように。



※セラピーの日程は前の日記でご案内しております。
HPでも!!
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-06-06 (Mon)
セラピー参加者のRさんからの吉報!!

ココリセ息子がまたまた誕生しました~!!

西さんベイビー

おなかの中に新しい命が宿ったことがわかったのは、

ちょうど彼女もいろいろと考える事がたくさんあったとき。

天使のようにやってきた彼を

抱っこできる日が本当に楽しみです。



ちょうど、仕事が重なり、

頭がいっぱいいっぱいになっているところへの

ジャストタイミングの連絡。

私の中に余白をつくってくれて、

感動をくれて、全てがリセットできました。

本当に天使です!


おめでとうございます!!

そしてありがとうございます!!


セラピーの保育室には天使がたくさん!!

赤ちゃん

お姉ちゃんがあやしたり。(そばには保育士の先生がちゃんとついてます!)

なつ

進藤さん

もちろん、少し大きなお子さんたちも楽しそうに遊んでます。
単なる託児ではなく、ぴぴさんが(保育士の先生方)いろんな遊びを用意してくれているのです!

遊び

毎回、制作もお子さんたちにトライさせてくれています。

なっちゃん

みんなで

お子さんたちが喜んで遊びに来てもらえることが、
嬉しいです!!

明日も天使たちに会えるのが本当に楽しみです!

| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-05-10 (Tue)
ドンナマンマWEBが再びリニューアルされました。

本誌のほうは北九州市の幼稚園保育園に無料配布されていて、
北九州市のほとんどの園児のお母さんたちに見ていただけるドンナマンマ。

WEBのほうも掲示板のアクセス数は非常に高いようで、
最初のリニューアルでは掲示板はなかったのですが、
読者の皆様からの強い要望から復活したようです。

そして、ココリセもバナーもとっても可愛く作って頂いて、
感謝感激!!!(右下にあります)

顔晴ろうと勇気を頂きます。

セラピー情報も載せて頂いているので、
是非ドンナマンマWEBWEBもチェックしてくださいね。

本誌のほうも、編集スタッフの皆さんが本当にがんばって
作成されていますので、お楽しみに!!
お役立ち情報たっぷりです。

セラピーのご案内

5月17日(火)「夫婦喧嘩、親子喧嘩、苦手なあの人からの脱出」

男女の心の仕組みの違い、子どもの心の仕組み、そして
私たちが繰り返すゲームの存在などを知り、
ワークを通して探っていく、怒りのコントロール法続編。
どうしても苦手なあの人とどう付き合うかも含め、
日々の人間関係のストレスから少しでも楽になってゆきましょう。
 
       
6月7日(火) 「家族がいきいきする母親力&自分未来学(成長心理学後編)」

1月に開催した「子どもの心を学ぼう~成長心理学~」の後編、
思春期の子ども心から、今の自分たちの生きる中年期、そして老年期
の成長心理学です。これからの自分を深めてゆくために、そして未来を
見つめるために、自分の心を見つめてゆくきます。


時間:10時半~13時
場所:西部ガススタジオヒナタ2F セミナールーム
参加費:2000円  保育:800円(無料になる可能性あり)



★講座・カウンセリングのお問い合わせ・申し込み(予約制)
ココ*リセ子育てセラピー事務局: mail: cocorise358@yahoo.co.jp  TEL090-8622-5196
「ココ*リセ」HP http://www.cocorise.com/ 





| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2011-03-22 (Tue)
粛々とカウンセリングを行う日々です。

震災の影響でパニックに陥ってしまう方や、
お子さんの夜泣きや落ち着きない行動を心配されている方、

家を失った親戚や友人がいる方、
福島原発関係者で、数日後現場に赴く方、

この震災に関して
私の想像では及ばないどれだけの側面があるのだろうと
お話を伺う機会があるたびに思うのです。

以前カウンセリングを担当した20代のMさんのメールには、
「4月になって必要とされるなら震災被災地に
ボランティアに行こうと思っています」
とありました。

彼女のストーリーをコラムに書かせてほしいと
連絡をとったときでした。

彼女は大学時代に恋人だった彼を、そして親友、友人を亡くした
辛い経験があり、
その死を受け入れることも、死の意味の理解もまだできないけれど、
数年間を経て1歩踏み出すことにしたのは、
国境なき医師団の事務局への面接でした。

彼女の言葉が印象的でした。
「誰かのため何かのためというより、どうしても自分にとって必要で
参加するという人もいると思うんです」

彼女はまだ乗り越えていく道の途中。

それでも、彼女がたどった心の軌跡は、
今支援を必要としている方々がいつか辿る道かもしれない。

彼女がそこで乗り越えてゆくことは、
自分自身のためだけど
いつか誰かの希望になるかもしれない。

支援する側の心の世界もされる側の世界も、
過去も未来も

きっと深い部分でつながっていくのですよね。

全ての人が精一杯自分のストーリとともに
生きている。

自分に踏ん張る力は、
きっと誰かの力につながる。

「私の心は大丈夫です。
今は自分を少し信じられるようになったので」

目も鼻も胸もいっきに熱くなって

向日葵のような彼女の笑顔が思い浮かんで、
希望を感じさせてもらった
一文でした。


| 日記 | COM(0) |
2011-03-17 (Thu)
地震速報は続いています。

最新情報が届けられるたびに、
心、苦しくなります。

こんなとき私は、
今はそんなに優等生になることなく、
おろおろする自分を、許してもいいかなと
思うのです。

マイナス思考も、いったん、OK。

不安も、心配も、悲しさも、苦しさも、怖さも、憂いも、
無力感も、情けなさも、足りなさも、申し訳なさも、
いったん受け入れてみる。

湧きあがる感情は、仕方ないから。

どっぷり落ち込んでも、ブルーになってもいいと思うのです。
ただ、忘れないでいたいのは、
ひとりじゃない、ということ。

同じ想いを抱いている人が、今この日本中にたくさんいて、
ひとりじゃない。

それに、心の底までいったら、
自然とベクトルが上向きになるように
心はできているから。

ベクトルが上に向きはじめたら、

きっと1歩が踏み出せる。

時間はかかるかもしれないけど。

だから、
不安なときは不安なままで、
泣きたいときはどんどん泣いて、
心配しておろおろして、
それでも希望を信じて、
底力を信じて、
愛をベースに、
ただただ、目の前にある仕事をまず行う。
今の日常を大切にする。
焦点を過去や未来でなく、「今」に合わせる。

できるのなら、
今までの普通にこだわらず、
こうあるべきにこだわらず、
批判家、批評家、教育委員長にならず、

刻々と変わりゆく今に、そってゆけますように。

自分の役割をきちんと成してゆけますように。

みんなとつながってゆけますように。

何度も繰り返しみても涙する動画です。
| 日記 | COM(0) |
2011-02-16 (Wed)
今年の1月から、西日本新聞に月2回折り込まれる瓦版
「てくてく北九州」「てくてく京築」に、
「心のストレッチ」というタイトルでコラムを書かせて頂いています。

心理カウンセラーになってから、「書く」ことから遠ざかっており、
伝えたいことも、想いもたくさんあるのに、
(講座では2時間話し続けられるのに)
700文字にどう書けばよいのか、毎回パソコンの前で固まることも多く・・・。

癒されたくて手にとったのは、東京時代の仕事仲間で大好きな友人から
送ってもらったロハス系雑誌「天然生活」
編集&ライティングほぼまるごと手掛けているのです。

素敵な家が紹介されているカリスマ雑誌・・・・
そんな感覚でページをめくっていったのに、

書かれていたのは、インテリア記事でも、
ロハスな暮らしの紹介記事でもなく、
その人の生き方であり、
想いであり、人生であることを今さらながらに知り、

感動していました。

以前彼女が書いた「かみさま」ポプラ社(大平一枝著)という本を読んで
ライターの仕事に、そのあったかい視点とハートに心底感動したのですが、

あの時と同じように、
これが、書くという仕事なのだと、
胸をわしずかみにされているところに、
彼女からのメール。

先輩ライター(昔同じ事務所だった先輩で私もその事務所在籍)と
仕事したときのこと。
レギュラーもので1ページの、しかも知り合いに対する取材でありながら、
取材前、取材時、取材後を通して、一切手を抜かず、
本当に丁寧な仕事の仕方をするその姿勢に
自分が恥ずかしくなり、襟を正したという内容。

こんなにも人を感動させる仕事をして、
それでもまだ尚、襟を正す彼女と、

彼女を感動させる先輩の仕事に対する姿勢。

パソコンの前で固まっているだけの私は、
なぜか泣けてきて
100枚ぐらい襟を正したのでした。

尊敬する恩師心理カウンセラーの衛藤先生は、
講座の前に必ずお祈りをすると聞いています。
特別な宗教ではなく、
今日も全力を尽くせるように
誰かの心に届くように、祈るのだそうです。

本当にいい仕事をするプロフェッショナルは、
目の前の仕事ひとつひとつに心を込めて想いを込めて、
全身全霊で挑む。

だからこそ、人は心動かされる。

足元にも及ばない私ですが、
恩師の、そして先輩たちのスピリットを
受け継いでゆきたいと
心からそう思ったのでした。

※最新講座案内はひとつ前のブログでお知らせしております!!
ご覧ください。


| 日記 | COM(0) |
2011-02-04 (Fri)
今年になってはじめてコタツを購入した我が家。

子どもたちはずっと欲しがっていたのだけれど、

狭いリビングがさらに狭くなるし、こたつ布団をあっという間に汚しそうだし、
何より、寒がりの私はいったん入ったら、動かなくなりそうだし、

と、避けてきたのですが、

この寒さに負けました。


こたつでぬくぬくと親子で談笑しつつ、

息子は宿題、私は原稿書きをしていると、ふと、

愚問だと分かっていながら、

それでも聞きたくなったのです。


「ねえ、お母さんて、お母さんとして何点?」



悪い点数を言われたら当然落ち込むだろうし、
いい点数を言われても、この子は親の顔色を見たり、
気を使ったりするようになったんだろうかと、きっと不安になる。

だから、決してするべきでない質問なのに、

それでも質問したのは、

自分を律したかったのかも。


でも、息子の口から出たのは意外な台詞。


息子 「誰を基準に?」



私  「・・・・・え?」

息子 「お母さんが基準だったら、100点やろ」

私  「・・・・・・・」

息子 「この宿題と同じやん。何%のうち何%ですか?ってことやろ」

私  「・・・じゃあ、かず(息子の名前)は?」

息子 「僕が基準だったら、100点やろ」(やや、いいのかな?的に照れ笑いしながら)
  
私  「そっか、そうよね、2人とも100点よね」(笑)


・・・なんとも、オメデタイ親子。


でも、実はこれこそ、私が学んできたメンタルの真髄。


あるがままの自分でOK!

あなたがあなただから、すばらしい。


いくら、家計簿がつけられない母親でも、

忘れ物三昧の母親でも、

いくら、漢字のテストがさんざんな息子でも、

パンジーをチンパンジーと本気で言い間違えている息子でも、


それでも、そんな自分が基準であれば、いつでも100点。やっぱり100点。

それが、私であり、彼だから。



その100点に満足せずに、

つい、もっと上をと望んでしまう。

もっと上を目指さなければならないように思ってしまう。

ハングリー精神と、高望みや欲深さは、表裏一体。

ハングリー精神がないということは、
今に満足できるということ。今を大切にしているということ。

ハングリー精神がいい悪いではないし、(人それぞれの性分によるから)

がんばるべきときは、もちろん、ある。

ここぞというときに、上を目指すべきときもきっとある。

でもそれは自分の意志でやるだろうし、

きっと気づけばやっている。


そして、頑張ることを強いるのではなく、

そんな自発的エネルギーを高めてあげることが、きっと親の役目。

親の高望みやもっともっと・・・という欲を子どもで満たそうとしてはいけない。

そんな気づきを得た、自分を律することのできた、日常の中のひとコマ。


さあ、明日、いえ今日は、苅田町の小学校の家庭学級講座。

日曜日も苅田町でのセミナー。

翌日7日月曜日は小倉で子育てセラピー。

来週も若松の保育園での講演・・・などなど、

2月はその他も講座がたっぷり。

自分を律しつつ、今まで通り、
目の前の仕事をひとつひとつ大切にしてゆきたいと思うのです。

一期一会を楽しみに・・・
| 日記 | COM(2) |
2011-01-28 (Fri)
息子が通っている空手道場で、
九州地区の強化練習に参加したい者は、申し込むように、
との話があったらしい。

各地区ベスト8に残った選手が対象だけれども
黒帯でやる気がある者なら参加させてもらえるらしい。

息子は当然ベスト8に入ってないけれど、
やってみると絶対にいいからと先生が言ってくださったのに、
息子は参加する気が全くない。

理由は「友達が誰も行かないから」。


体育の授業で学年全員でマラソンをしたらしい。

昨年より順位が落ち、

「みんな、すごく速くなってる」と息子。

その週の休日。早朝に家のチャイムがなる。
自ら朝早く起きて家の周りを走っていたらしい。

その成果は順位にちゃんと表われ、

「すごいじゃん!さすが!!
空手ではなく、陸上部という選択もあるね。
○○君も○○君も陸上部に入るために違う中学に行ったから、
そういう道もあるよ。やる気があるものをやればいいよ」

と言う母に、息子は、

「あのね、僕は普通でいいの。今のままでいいの。
今のこの生活のままでいいの」

いつも思うけれど、どうして息子にはハングリー精神というものが
ないのだろう・・・
目の前にこんなにもチャンスや選択肢があるのに。

この前のセラピーで「子どものやる気」が話題にのぼっていたけれど、
我が子も同じだな?。
などと、一人考えていたところに、東京からの電話。

某メジャーサイトの営業担当の方が
メール等で何度か連絡をくださっていた。
各専門家を紹介するサイトらしい。

「仕事の幅が広がり、今よりもっと発展できると思いますので」

東京からわざわざココリセを探してご連絡頂けただけでも
本当にありがたいこと。

でも、

「すみません。発展を目指しているわけでもなく、今の仕事で精一杯ですし、
今は、このままでいいもので・・・」

電話を切ってから、ハタと気づく。


私、
息子と同じこと、言っている・・・・。


息子も娘も、2人ともハングリー精神がないみたいで・・・
と、事あるごとに言い続けて来たけれど、

それは、そう。

実は私自身のこと。


カウンセリングでもセラピーでも、お子さんの悩みで来られる方は、
お母さん自身のカウンセリングをするのが一番早いケースが多い。


さあ私、どうする?
| 日記 | COM(0) |
2011-01-05 (Wed)
あけましておめでとうございます。
今年もココリセをよろしくお願い致します。

1年前は、母がうつ病を再発し、
ブログに書いたように再出発の年でした。

つまずきながらですが、
少しずつ歩むことができた気がしています。

昨年、お正月どころではなかった実家も、
今年は無事にお正月を迎えることができ、

母は昨年が嘘のように、
キビキビと動き、

昆布巻きもだて巻きもたつくりも、
変わらない母の味で、もてなしてくれました。

もう、それだけで有難いです。


食後、夫がお茶を飲んだところ、
洗剤の味がしたらしく、
「そっと捨てて」と私のところにさりげなく
持ってくる出来事があったり、

(泡立っているからびっくり!
そういえば、湯のみが足りないと新品を洗っていました。
急ぎ過ぎて、すすぎ忘れたのでしょう)

他にも、元気すぎる母の発言の中には、正直すぎて失礼でしょう!!
というのも多々ありましたが、

数年前までは、指摘したり、意見していただろう台詞を
飲み込んだり、流したりしている自分がいました。


もう、ここまで年を重ね、
病気もたくさんして、
それでもがんばってくれている母の
失敗のひとつやふたつ。
失言のひとつやふたつやみっつ。

もう、
いいじゃない。

私にできることは、
母に変わって謝ること。

リスク回避のために、チェックすること。

母がうつ病を患って以来、実家で過ごす時間は、
ずっと心が苦しい切ない時間だと
感じてきたけれど、

自分の心の姿勢を変えることで、
ゆったり穏やかに過ごすことができるのだと

頭での理解でなく、やっと
自然に出来るようになったお正月でした。

流せるものは流し、

あまりにもひどいと思うことには、
自分も同じ種類のことを誰かにしていないか、
自分を見つめ直すヒントにする。
(すると、そこからまた気づきがあり、
感謝の気持ちにつながったり・・・)

こうしてみんなで笑っていられるだけで十分だと
静かに思う年明けでした。

2011年もいろいろなことにしなやかに対応してゆける、
そして昇華してゆける、
ココリセでありたいと思います。

今年もよろしくお願い致します。



| 日記 | COM(0) |
2010-12-31 (Fri)
昨日、伊勢神宮に参拝後、愛知の実家に戻りました。

2年前の昨日も
伊勢神宮に参拝しました。

突然、思い出したからです。

夫との初デートが(15年も前の話ですが)、

伊勢神宮の初詣だったということを!(笑)

お礼参りに行かなきゃ!!と、やや強引に説得し、
初詣はスケジュール的に不可能と却下されたため
暮れに参拝したのでした。

どうしても行かなければならない、
そんな気がして。


神秘的で荘厳な空気の流れる神域は、

次元の違う空間だと、しんしんと感じます。


この国を守ってくださっている神様。

個人的願いはNG。


2年前の参拝時は、転換の時期でした。

今思えば、参拝から3カ月後、
機会ときっかけを頂いて、
背中をおされるように
ココリセセラピーはスタートしました。

ほんの少しでも
だれかのお役に立てるように
社会のお役に立てるように努めてゆく道を
歩ませて頂いたのかもしれない・・・・

樹齢何百年であろう立派な樹木に守られている
参道を歩きながら、

思ったのでした。

来年も、「我」にとらわれず、
私が頂いている役割を果たしてゆけばいいでしょうか。

ココリセのやるべき仕事をしてゆけばよいでしょうか。

そんな問いかけを、
ほわっと風が運んでくれたようでした。


天気予報は雨。
なのに、降らずに待っていてくれていた空が
参拝後から曇りはじめ、

急いで参道を戻っていく子どもたち。

この子たちもいつか自分の得意な分野で
誰かを幸せにしてあげられる大人になってほしい。

未来の子どもたちを笑顔にする社会に
どんなスタイルでもいいから貢献してほしい。

だからこそ、まずは今自分自身が存分に
子ども時代を楽しんでほしい。
子どもらしい笑顔も幸福感も、自分が体験していなければ
未来の子どもたちにあげられないだろうから。

勉強ができる子を目指すことが

ベストではないですね。きっと・・・。


2010年の大切な大切な
心のリセットでした。


セラピーやカウンセリングに来てくださった皆様、
講演会でお会いした皆様、
お仕事でご一緒した皆様、
ブログにご訪問頂いた皆様、

2010年、ご縁のあった皆様に、心より感謝申し上げます。

2011年も、このご縁が温かく咲きますように。

お役に立てる場所で、それぞれの力を活かせますように。

さらりとした淡きやさしい関係を保ってゆけますように。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

感謝をこめて。。。














| 日記 | COM(0) |
2010-12-07 (Tue)
以前、HPを作成したのは、ある事情から・・・と書きました。

それは、セラピー参加者のMさんから長いメールを頂いたのです。

ある子育て支援の賞に是非応募してほしい。
子育てに不安なときに本当に助かったので、
是非全国的にこういう活動を知ってもらいたいのです・・・という、
夏のある日に届いた嬉しいメール。

私はその賞の存在すら知らなかったのですが、
Mさんのお気持ちが嬉しくて、応募することにしたのです。

そしてそのためには、活動内容のわかる
HPが必要だったのです。

HPはずっと作ろうと思いながら、
予算がなかったこともあり、先延ばしにしていました。

私の重い腰が上がったのもMさんのおかげ。

そしてその結果は・・・・

残念ながら落選でした。


でも、いいのです。

実際の参加者のMさんが、長い長い手紙に想いをこめてくれたこと、

純粋にココリセのセラピーを認め、広めたいと推薦してくださったことが、

何よりもの勲章だから。



それに、素敵なHPが残りました。

このHPも面識のなかった東京のデザイナーさんにお願いしたのですが、
このご縁は本当に幸運で!

私よりカウンセラー能力があるのでは・・・と思えるほど、

私の希望を上手に引き出してくれて、
制作中1度も会うこともなかったのに、
想像以上に素敵なHPを作って頂きました。

そしてHPをつくりながら、ココリセの現状や
これからの方向性を確認することもできました。

有意義なものとなったのは、
このデザイナーさんだったからこそと思います。

私はHPのページ上部のそれぞれの色味が大好きで、
疲れたときはこの色味に癒されています。

予算がなかったので、
共に制作するスタイルで進めたのですが、
その間の長いやりとりの中で、感じでいたデザイナーさんの
人となりが、ハートが、
この優しい色味に表われているのだと思います。

そして、


先日上京したときに、初めてお会いしたのですが、

瞳がすっごくキレイで、想像通り
ほんわりとした優しい雰囲気の素敵な女性でした。
8ppyworkshop

イラストレーターマサキリョウ氏はご主人!
クリスマスカードや紙ナプキンを頂いたのですが、(なんて幸せ!)
本当にお洒落だし、カッコいいのです!!!!!
最近、あふれる雑貨に反応しなくなってきた娘の目が
キラキラしていました☆☆☆

結果ではなく、過程が大切って、
本当ですね。


自分たち以外にも、子育て中のたくさんのお母さんたちが
救われてほしいとメールをくれたMさんの優しい想いと、

HPやネット世界の常識にうとく失敗だらけの私を見捨てず、
丁寧に指導して頂き、制作してくださったデザイナーさんの気持ちに

ちゃんと応えられるように活動してゆこうと
心新たに思う私です。


感謝です。


12月10日(金)セラピーの詳細はひとつ前の日記へ

| 日記 | COM(0) |
2010-11-14 (Sun)
11月は、ここ数年なぜか毎年、
私にとっていろいろときついことが起こる月。

祖母が亡くなったのも11月。
今のココリセセラピーの前に携わっていたセラピーを
辞める決意をしたのも11月。
過去、人間関係できつい思いをしたのも11月。

でも、そんなふうに自分に自己暗示をかけてはいけないと思い、
考え方を変えてみました。

11月は、初心にもどるための月。

いろいろと起きることは、今を、自分を見つめ直すためのメッセージ!
チャンス!!

ということで、今月は学びの月。
セミナー月間にしました!

前の日記に書いた中美恵先生のマクロビ定例会の次、

今週水曜日は、
メンタルの外部講師でもあり、
ヒプノセラピストの青木勇一郎先生のセミナーへ。

私がセミナーで使っている音楽の多くは、
青木先生が教えてくださった音楽。
呼吸の意味、心と身体のバランスをとる方法、
来年はどんな年になっていくのか、
そして大切な気づきを頂いた胎内ワーク。
勉強になったのはもちろん、
青木先生の愛と温かさを感じ、心をすっきり浄化させて頂きました。

そして、今日は(昨日ですね)
越山雅代さんのセミナー。
シカゴで最も傑出した女性100人に選ばれた唯一の日本人女性で、
ビジネス関係の数々の賞にノミネートされるなど、
アメリカンドリームを達成した女性。
強烈にパワフルで、そして、強烈に愛情深い。
肉体と心と魂、この3つ調和したときに真の健康が得られること、
その方法についてたっぷりと教えて頂きました。

どの先生方にも共通点があるのです。
それは、

本気で、日本社会を元気にしたいと、変えてゆきたいと、
強い想いで活動されていること。
情報、技術を伝えるとか、
自分の成功、自己実現とか、そんなレベルでなく。

メンタルの衛藤先生をはじめとする先生方もそうであるように、

尊敬する先生方には

海のように深く空のように広い愛情を
感じるのです。

毎回、基本的な心の在り方を学ばせて頂きます。

そうそう。

雅代さんが、セミナーの最後に人生を好転させる、
強運になる2つの方法を教えてくださったのですが、

その2つとも、なんと、
ココリセセラピーで、よく取り入れているものでした!!

そっか!ココリセは、強運セラピーでもあったのだ!!と、
自画自賛。

ココリセを肯定してもらえたようで・・・。
これからもっと積極的に取り入れていくことにします!

そして、
「これは皆さんに是非伝えたい!」と
思った内容やワークを
青木先生にも雅代さんにも許可を頂いたので、

11月12月のセラピーは是非楽しみにしていてくださいね!!

詳細はココリセHPと
ひとつ前の日記をご覧ください。

11月19日は、まだ少しお席がご用意できますので、
よろしければ早めにお申し込みください。

申し込み・お問い合わせ:ココリセ事務局
| 日記 | COM(0) |
2010-11-03 (Wed)
昨日の朝、水嶋ヒロの大賞受賞会見を見ていたら、
なぜか、泣けてきました。

この人はこの若さで、
どれだけ事実と違う報道や、憶測による噂話に耐えてきたのだろう。
怒りを覚えたことも、心につけられた傷も無数にあるはずなのに、
守るべきものを守るために、
事実を理解してもらうために、
真っすぐに想いを伝える姿勢。

本物の言葉は、想いは、必ず人の心に届くのかもしれません。
大切な教えを頂いた気がします。

セラピー仲間のちえちゃんが、やはりこの会見をお子さんたちと見ていたらしく、

「水嶋ヒロってすごいよね?。天は二物を与えずというけれど、
顔もいいし、お芝居もできるし、本も大賞をとるなんて、すごいよね?」
と、ちえちゃんがつぶやくと、

小学校2年生のお子さんが、

「きっとこの人は、毎日きれいな言葉ばかり使ってきたんだろうね」

と、言ったそうです。

その素敵な感性にまた泣けそうになりました。

本当にそうかもしれないと、思いました。


彼の言葉と水嶋ヒロの会見で、頭に浮かんできたのは

オードリー・ヘプバーンが愛唱したという詩。

10年前から好きな詩なので、これまでも何度か紹介していますが・・・。


全てはきっと、心の中から決まる。


何度も何度も声に出して詠むと、

心がゆっくり洗われてゆくようでした。





「時を超える美しさの秘密」



魅力的な唇のためには、優しい言葉を紡ぐこと

愛らしい瞳のためには、人々の素晴らしさを見つけること

スリムな体のためには、飢えた人々と食べ物をわかちあうこと

豊かな髪のためには、一日に一度、子供たちの指で梳いてもらうこと

美しい身のこなしのためには、決して一人で歩むことがないと知ること

人は物よりもはるかに多く回復し、復活し、生き返り、再生し、

報われることが必要なのです。繰り返し報われることが。

年をとると、人は、自分に二つの手があることに気がつきます。

一つの手は、自分自身を助けるために、

もう一つの手は、他者を助けるために
| 日記 | COM(0) |
2010-10-25 (Mon)
嬉しい報告を頂くことがたくさんあります。

でも、やはり人生、Happyばかりじゃなく、

本当に辛い報告を頂くこともあります。



ここのところ、続いています。



たぶん、誰もが

自分の大切な友人、近しい人が

苦しんでいるときに思うように、

私もまた

自分の無力さを全身で感じます。



苦しさを、辛さを、

ひとり受け止めて耐えているあなたの手を

心の中で、そっと握ってみる。




ただただ、

聞くことしかできないけれど、

祈ることしかできないけれど、



それでも私たちは、いつも、ずっと、

ここに居るから。


忘れないでね。





打ち明けてくれて

信じてくれて


ありがとう。


| 日記 | COM(0) |
2010-10-20 (Wed)
「不意打ちだ!」

瞬間に、そう思いました。

「心の準備ができてなかった!」

昨夜9時すぎ。食卓でアイスケーキを家族で食べたあと、(誕生日会だったのです)

リビングで娘と息子がテレビを付けて見ていたのですが・・・

突然、視界に入ってきた浅野温子の重度のうつ病のシーン。

フジTV「フリータ―、家を買う」。

全くのノーチェック。

前半は見ていなくて、話の流れもわからないまま、
ただただ、そのリアルな演技に、

心が固まり、涙は勝手に流れていました。

それは、あの頃の母であり、
あの頃の私たち家族。


自分の家でないような、部屋の中の暗闇。

別人格の、母。

先が見えない絶望感。

家族の言い争い。


今、母はこのテレビを見ていないだろうか、

全国で100万人を超えたと言われている、うつ病で苦しむ人たちが、
そのご家族が見ているとしたら、

どんな想いでいるだろうか・・・・、

動揺する心を保とうと、


「大丈夫。未来はやさしい。大丈夫」



呪文のように、心の中で繰り返していました。


気づけば、真剣に見ている子どもたち。


うつ病は、家族が一丸となって向き合っていかなければならない病気。

周囲の理解も不可欠な病気。

そして、子どもたち若者、夫・・家族全員に理解してもらいたい、「お母さん」の心。

全ては、知ることから始まる。


うつ病やひきこもり、フリーター・・・、
現代社会が抱える問題を
嵐の二宮君という若者に人気のある俳優を起用し、
9時という早い時間枠で放映してくれる
フジTV!!
ありがとう!!

ちょっと痛いけれど、
娘たちが自ら見るのであれば、

来週も一緒に見てみたいと思うのです。
| 日記 | COM(0) |
2010-09-10 (Fri)
今から、セミナーのご依頼を頂いたので、高知へ行ってきます。

坂本龍馬誕生地です!

かつおのお刺身、すごく美味しいそうです。

黒潮いちご!も、普通のいちごと違う特別な甘みだそうです。

朝市も有名だそうです!

でも・・・楽しめる時間はなさそうです・・・。涙


それでも、

今週、参加した講座で隣になったのが、

なんと高知大学の女の子。

美味しいお店を教えてくれました。

今朝、とても久しぶりにメールをもらった友人も
ご主人が高知の方。

美味しいお菓子屋さんを教えてくれました。

今もななちゃんから、もしかしたら友達がそのセミナー出席するのかも・・と。(・・・汗)


こういう不思議な、「意味ある偶然」って、
時々あるんですよね。

何があるのだろう・・・とワクワクします。


さて、14日のセラピーにお申し込み頂いた皆さま、ありがとうございます。

残席1席となっております。

そして、保育は無料になりました!!

食事会の出席率も、非常に高いです。今までになく!

くつろいでたくさんの皆さんと交流できたらと思います。

お問い合わせ、お申込みは、
前の日記のアドレスからお願いします。
(手抜きですみません。もう出かけますので!)







| 日記 | COM(0) |
2010-09-04 (Sat)
「魅力作成中」すごくいい言葉だと思いました。
そして、考えてしまいました。私は今どんな魅力を作成しているんだろうと。

・・・・・・・・・・・・・・・

前回の日記に対して、そんなメールを頂きました。

私から見ると、今のままでとても魅力的な女性です。

でも、今、彼女がとても苦しい状態であることも確かです。

彼女の話から、
自分の魅力って、自分ではなかなか分からないものなのだと
思いました。

同時に、
魅力とは、本人の意識しないところで、進化し、深まっていくものなんだろうな・・・とも
思いました。

だから、苦しい時、きつい時も、簡単に言ってはいけない気がするけれど、
やはり、大切な時間。
その時間が、成長させてくれるものってたくさんあるのだと、
彼女を見ていて、思います。

ちなみに、自分の魅力については、誰かに聴くのがいちばん!
自分以外の誰かの存在があってこそ、成り立つものだと思うので!
ひとりで考え続けると、落ち込むことがあるので要注意です!(経験上・・笑)

それでも、とことんきついときは、きついし。苦しいときは、苦しい。

そんなときは、師の衛藤先生が講座中に教えてくださった言葉が
私の中をめぐります。

「人生を問うことなかれ。
あなたが人生に問われている」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
衛藤先生のラジオ放送をご案内したところ、
「泣けました?」「再受講、行きたくなりました」
などのメールを頂きました。

そして「ラジオ、家にないです」「子どもが小さくて添い寝するので、
その時間聴けませんでした」というご連絡も・・・。

聴きたくても聴けなかった皆様。

9月7日?10月11日の間、NHKラジオ深夜便のホームページで
視聴できるそうです☆


9月セミナーのご案内です。

9月14日(火)「心が離れるとき、近づくときのコミュニケーション!」

ちょっとしたことで心が離れたり、近づいたり・・・言葉ひとつ、態度ひとつ、
受け応えひとつで、子どもと、夫と、ママ友と・・・
人間関係は大きく変わっていきます。
心理テストから、自分の性格やタイプを分析しつつ、
心地よい関係を増やしていくためのための方法を探っていきます。

時間:10時半?13時
場所:西部ガススタジオヒナタ2F セミナールーム
参加費:2000円 保育:500円無料になる可能性有
  

申し込み・お問い合わせ:ココ*リセ子育てサロン事務局
mail: cocorise358@yahoo.co.jp

※セラピーに関するご質問等ありましたら、気軽にご連絡ください。

| 日記 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。